口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

頭皮のニキビは気づきにくいので注意

鏡で直接見たりすることが少ないので、分かりにくいですが、
頭皮にもニキビができることがあります。

 

自分では気づいていなくても、
「なんとなく頭が痛痒い」
「シャンプーしているとしみて痛いことがある」

というときは、もしかしたら大人ニキビができているかもしれません。

 

 

頭皮ニキビは放っておくと危険!?

 

頭皮にできたニキビは、人に見られるわけではありませんし、
痛みや痒さを感じないなら、別に放っておいてもいいような気はします。

 

ですが、頭皮ニキビは放っておくと、かなり危険です。

 

知っての通り、ニキビを放っておくと、患部が化膿して跡になってしまいます。
このニキビ跡というのは、肌や毛穴がダメージを受けているということ。

 

頭皮のひどいニキビを放っておくと、悪臭の原因になったり、
最悪の場合、毛穴が破壊されて毛髪が生えなくなる可能性もあります。

 

そのため、気づいたらすぐにでもケアを始めなくてはいけません。

 

 

頭皮ニキビの原因は?

 

頭皮ニキビができる基本的なメカニズムは、顔や背中にできるニキビと同じ。
できてしまう主な原因は、何なのでしょうか。

 

蒸れて不潔になりやすい

当然ですが、頭皮は髪の毛で覆われており、
とても蒸れやすくなっています。

 

また帽子などを被る人は余計に湿気がこもりがちになり、
ニキビの原因菌が繁殖しやすい環境です。

 

シャンプーや整髪料などによる刺激

洗い残したシャンプーやコンディショナー、整髪料、ヘアカラーなどが、
頭皮についてしまうことは少なくありません。

 

これらはいずれも頭皮に対する刺激が強いため、
頭皮が傷つき、ニキビができることになります。

 

 

頭皮ニキビのケア方法は?

 

頭皮にニキビができてしまった場合、
生活から変えていくのが良いでしょう。

 

まず気をつけたいのが、お風呂の入り方。

 

シャンプーやリンスなどの流し残しがニキビにつながっていることも多いので、
いつもよりも長めに洗い流すように注意しましょう。

 

具体的には、シャワーで1分間程度が目安です。

 

市販されているシャンプーには界面活性剤などが含まれている場合もあります。

これが刺激になり、大人ニキビを作ることもありますので、
気になる人はアミノ酸シャンプーなど刺激の少ないものを使うとさらに効果的です。

 

そして、お風呂上がりはしっかり髪を乾かすこと。
濡れたままの髪の中は非常に湿気が高いので、
根元まできちんとドライヤーで乾かしましょう。

 

そして、ニキビケア化粧品を選ぶ際には、
保湿よりも殺菌効果の高いものを使いましょう。

 

高濃度のビタミンCが含まれるビーグレンなどがおすすめです。

 

頭皮ニキビは毛穴が大きく深い分、
炎症も起きやすく、症状が悪化しがちです。

 

逆に他の場所よりも、保湿には気を使わなくても大丈夫なので、
殺菌効果も抗炎症作用もあるビタミンC入りの化粧品が、ピッタリというわけですね。

 

ビーグレンの化粧品であればスポットケアもしやすいので、
塗りにくい頭皮のニキビにも使いやすいですね。

 

ビーグレンの公式サイト

 

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品