口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

シャンプーやトリートメントが原因でニキビができることも

おでこや生え際は、思春期によくニキビができることから、
ニキビのできやすい場所、と思っていませんか?

 

ところが、実はおでこはどちらかと言うと、ニキビができにくい場所です。
大人ニキビができた場合は、何か特別な原因があることがほとんどです。

 

 

おでこ、生え際の大人ニキビの原因は?

 

おでこや生え際の肌は、基本的に毛穴が小さく、
ケアもしやすいので、大人ニキビができる可能性は低めです。

 

それでも大人ニキビができてしまう、というのは、
次のような可能性が考えられます。

 

シャンプーやリンスのすすぎ残し

こちらのページでも紹介しましたが、
シャンプーなどのすすぎ残しが毛穴に残って、
ニキビができてしまうことがあります。

 

流さないトリートメントを使っている場合などは特に注意しましょう。

 

前髪が刺激になっている

前髪を下ろしている人は、髪が肌に触れることで刺激になり、
それがニキビの原因になっていることがあります。

 

特に肌が乾燥しがちの人は、
バリア機能が弱くなっているので、刺激に敏感です。

 

外出中は構いませんが、
帰宅後などは髪を上げるようにしておいた方がいいかもしれません。

 

肌が乾燥している

おでこは毛穴が小さく、皮膚が薄いという特徴があります。
そのため、顔の中でも乾燥しやすい場所です。

 

肌が乾燥すると、体がそれを守ろうと余計に皮脂を分泌したり、
また刺激に弱くなってしまうので、ニキビができやすくなります。

 

 

保湿、炎症を抑えるケアを

 

おでこや生え際に大人ニキビができてしまうのは、
そのほとんどが肌の乾燥のせいだと言われています。

 

そのため、おでこのニキビケアには、
保湿ができる化粧品を使うのが良いでしょう。

 

市販のニキビケア化粧品の中では、
保湿に優れていると評判のルナメアACがおすすめです。

 

ルナメアACは刺激の少ないケア化粧品なので、
他に比べると治りやすいおでこのニキビにもちょうどいいですね。

 

ただ、ニキビの症状がひどかったり、
生え際付近のきわどい部位のニキビには、
ビーグレンを使ったほうがいいでしょう。

 

生え際はおでこに比べて毛穴も大きく、症状も悪化しがち。
ルナメアACでは症状のひどいニキビを治すには、少し時間がかかるからです。

 

自分の大人ニキビの症状に合わせて使いわければ、効果バツグン。
前髪のセットに悩むこともなくなりますね。

 

ビーグレンの公式サイト

ルナメアACの公式サイト

 

 

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品