口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

肌が乾燥すると皮脂を過剰に分泌させてしまうので注意

頬やフェイスラインの肌は、顔全体の印象を左右する大事な場所です。

 

そんな場所にできる大人ニキビは、
たとえ小さなものでも早く治したいですよね。

 

また頬やフェイスラインのニキビは、
目立ちやすく、跡が残りやすいことで有名です。

 

そのメカニズムとケア方法をしっかり覚えて、素肌美人を目指しましょう。

 

 

頬の大人ニキビの原因は「乾燥」

 

頬やフェイスラインは、他の部位に比べて、
汗をかきにくく乾燥しやすい場所です。

 

乾燥した肌は、外気から肌を守るために、
余分な皮脂を分泌しようとします。

 

これが大人ニキビの大きな原因になってしまいます。

 

そのため、頬やフェイスラインのスキンケアは、
なによりも、まず保湿を第一に考えましょう。

 

 

頬やフェイスラインのケア方法

 

肌を乾燥から防ぎ、健康な肌にするのが、
大人ニキビを防ぐ第一歩です。

 

くり返しニキビができる、たくさんできる人

 

大人ニキビがたくさんできてしまう、という人は、
保湿成分を多く含むケア化粧品を使いましょう。

頬やフェイスラインの肌質は人によって十人十色です。
自分の肌が、乾燥肌か、オイリー肌か、混合肌かによって、
使う化粧水の質を変えたりするのも大切です。

 

この時、化粧水などはケチらずにたっぷり使うのもポイント。
頬の肌はターンオーバーが激しく、角質化しやすいので、
長時間保湿できるようにしておきたいですね。

 

かなり悪化してしまったニキビがある人

 

頬やフェイスラインの基本的なニキビケアは保湿だけで十分。

 

ですが、症状が悪化して赤く腫れてしまっている場合は、
ビタミンCを多く含み、浸透力の高いビーグレンを使いましょう。

 

なぜならば、頬の皮膚は思っている以上に硬くて厚いので、
浸透力の高いものでなければ、なかなか効果が出ないからです。

 

しかも炎症を起こしてしまった場合、
肌の細胞が傷ついて、ニキビ跡が凸凹になってしまうかもしれません。

 

クレーターのような頬にならないためには、
肌の修復をしてくれるビタミンCを含む化粧品を使いたいですね。

 

ビーグレンの公式サイト

ルナメアACの公式サイト

 

 

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品