口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

敏感肌の人は、洗顔フォーム選びがとても大事

大人ニキビの大きな原因となっている肌の乾燥は、多くの場合洗顔によって起こります。
特に敏感肌の人は、界面活性剤が含まれない洗顔料を選ぶことがおすすめです。

 

界面活性剤が肌のバリア機能を破壊する

 

一般の洗顔料には、洗浄剤として「界面活性剤」が配合されています。
界面活性剤は洗浄力が高く、また値段も比較的安いのがメリットですが、
肌にたいする刺激が強すぎるのが特徴です。

 

界面活性剤は、肌が本来必要とする皮脂まですべて取り去ってしまいます。
皮脂は肌の表面を覆うことにより肌から水分が蒸発するのを防いでいますから、
皮脂が取り去られた肌は乾燥します。
また界面活性剤は肌表面の細胞に損傷を与え、肌が持っているバリア機能を破壊します。

 

バリア機能が破壊され、乾燥してしまった肌は、なんとかそれを補おうとして角質を厚くし、
また皮脂を過剰に分泌するようになり、それがニキビの原因を作ります。

 

肌に優しい「クレイ」洗顔料がおすすめ

 

肌を傷めない洗顔料として、最近注目を集めているのが、
泥(クレイ)を配合したクレンジングフォームです。

 

代表的なものは、ルナメアACビーグレンなどの洗顔料。

 

肌の刺激となる界面活性剤が抑えられているので、
ニキビで荒れている肌の人でも負担が少なくなっています。

 

 

一般の洗顔料は、界面活性剤の「泡」で汚れを落としますが、
泡は毛穴よりはるかに大きいため、毛穴の中まで入り込むことができず、
毛穴内部の汚れを落とすことができません。

 

それに対してクレイの超微粒子は、毛穴の奥まで入り込みます。
油脂や汚れを強力に吸着する性質があるため、
それによって毛穴内部の皮脂や古い角質などきれいに落とします。

 

クレイ洗顔料はクレンジングも兼ねる

 

一般の洗顔料では毛穴の汚れを落とすことができませんから、
毛穴に入り込んだメイク汚れを落とすためにはクレンジングオイルが必要となります。

 

クレンジングオイルには、メイクを浮かせるために油分が含まれているために、
メイクの油分とクレンジングオイル自体に含まれる油分を落とすため、
非常に強力な界面活性剤が含まれています。

 

それに対して、クレイ洗顔料は毛穴の奥まで入り込んで汚れを落としてくれるので、
クレンジングをしなくても、洗顔料だけですむ場合もあります。

 

例えばビーグレンのクレイ洗顔料は、
1本でクレンジングと洗顔料の両方ができるので、
特にニキビがひどい場合には、クレンジングをする必要がないのでおすすめです。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品