口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

思春期はホルモンの動きが活発になるためオイリー肌になりやすい

思春期は、ホルモンの動きが活発になるため、
オイリー肌になりやすいのが特徴です。
こまめに洗顔を行わないと、どうしてもニキビができやすくなります。

 

 

思春期はオイリー肌になりやすい

 

思春期になると、誰でも第二次性徴が始まります。
第二次性徴は子供から大人の体になるための重要な働きで、
第二次性徴の期間には、体内で様々なホルモンの動きが活発になります。

 

第二次性徴で動きが活発になるホルモンの1つとして、
男性ホルモンがあげられます。

 

男の子でも女の子でも、第二次性徴の期間には、
男性ホルモンがそれまでよりも多く分泌されるようになります。

 

男性ホルモンは、皮脂腺を刺激する性質があります。
それにより、それまでより多くの皮脂が毛穴から分泌され、
思春期にはオイリー肌になりやすくなります。

 

ところが思春期には、まだ毛穴の発達が追いつかず、
分泌された皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。
そのため思春期にはどうしてもニキビができやすくなります。

 

 

思春期にはこまめな洗顔を心がけて

 

思春期になる頃の人の場合、洗顔をきちんと行わないことが少なくありません。
特に男性の場合、顔に水をピチャピチャとつけて、
それで洗顔はおしまい、などということもあるのではないでしょうか。

 

しかしそれでは思春期ニキビを発生させてしまうことになります。

 

思春期ニキビを防ぐためには、
洗顔により過剰に分泌される皮脂をきちんと洗い流すことが重要です。
思春期になったら男性も女性も、こまめな洗顔を心がけるようにしましょう。

 

ただし洗顔に使うための洗顔料には注意が必要です。

 

通常の洗顔料には、界面活性剤など、
肌やニキビを刺激する成分が含まれています。

 

洗顔料に含まれる成分に刺激され、
ニキビが発生・悪化することは少なくありません。

 

ですから洗顔料は、できるだけ刺激の少ないものを選ぶことが大切です。

 

またニキビの原因は、毛穴に皮脂が詰まることです。
ところが多くの洗顔料が、毛穴の内部の汚れを落とすことができません。

 

洗顔料には、きちんと毛穴内部の汚れを落とすことができるものを選ぶことも大切です。

 

 

ニキビ治療薬は肌を乾燥させることがあるので注意

 

ニキビになったら、市販のニキビ治療薬を使う人もいると思います。
ただ市販のニキビ薬の中には、
肌を乾燥させるイオウなどの成分が含まれていることがあります。

 

肌の乾燥は、ニキビを帰って悪化させることがありますので、
ニキビ治療薬を使う際には注意が必要です。

 

ニキビ治療薬を使う際には、まず肌の乾燥を防ぐため、
化粧水でしっかりと肌を保湿するようにしましょう。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品