口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

大人になってから急に首ニキビができやすくなった

大人になってから急に首ニキビができやすくなった人は、
ストレスが原因となっていることがあります。
また加齢による肌のターンオーバーの低下も、原因の1つとして考えられます。

 

 

ストレスが原因で首ニキビができる

 

首ニキビの大きな原因の1つがストレスです。

 

ストレスを受けると男性でも女性でも、
体内で男性ホルモンが多く分泌されるようになります。

 

男性ホルモンは攻撃性や瞬発力を増し、
ストレスから脱出するのを容易にする性質があります。

 

ところが男性ホルモンは皮脂腺を刺激し、
皮脂の過剰分泌をうながす性質もあります。

 

男性ホルモンは主に鼻から下、アゴやフェイスライン、首など、
男性でいえばヒゲが生える場所に分泌されやすいため、
ストレスを受けると首ニキビができやすくなります。

 

ストレスが原因でニキビができた場合には、ストレスの解消を心がける必要があります。
仕事や人間関係のストレスなどで首ニキビができる人は少なくありません。

 

ストレスの原因そのものをとり除くことができればそれが一番ですが、
なかなかそうもいかないことも多いと思います。
ですから自分なりの工夫をし、ストレスを解消していくことが大切です。

 

ゆっくりと入浴することは、首ニキビができたときにはおすすめのストレス解消法です。
入浴には、首まで湯に浸かることで毛穴をひらき、
毛穴の汚れをとり除く効果もあります。

 

 

加齢によるターンオーバーの低下も首ニキビの一因

 

首ニキビができるのは、加齢による、
肌のターンオーバーの低下が原因となっている場合もあります。

 

肌のターンオーバーが低下すると、損傷した肌組織が修復されず、
肌のうるおいが不足しがちになります。

 

肌のうるおいが不足すると、角質が厚くなり、毛穴をふさぎやすくなり、
毛穴つまりを起こしやすくなります。

 

また肌のうるおいがなくなると、肌は低下したバリア機能を回復させようと、
皮脂を過剰に分泌するようになります。

 

一般に顔のスキンケアはマメにしていても、
首についてはスキンケアを怠る人は少なくないと思います。

 

首は体の一部分と考え、
ボディソープで洗ってそれで終わりという人もいるでしょう。

 

しかし首も顔と同様、皮脂腺が多く集まっている場所です。
スキンケアを怠ると、首ニキビができやすくなります。

 

首ニキビを防ぐためには、
首にも顔と同様のスキンケアを心がけるようにしましょう。

 

特に化粧水を使って保湿して、

肌のうるおいを保つことは、首ニキビのケアにもポイントです。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品