口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

高校生のニキビはどうやってケアすればいいの?

高校生のニキビは、まずは洗顔が基本となります。
また肌の乾燥を防ぎ、ニキビの炎症を抑える化粧水でのケアも大切です。

 

 

高校生のニキビは洗顔が基本

 

高校生のニキビは、ホルモンバランスの乱れが原因となっています。

 

高校生くらいになると、第二次性徴により男の子でも女の子でも、
男性ホルモンが多く分泌されるようになります。

 

男性ホルモンは、皮脂腺を刺激することにより、
皮脂の過剰分泌をうながす性質があります。

 

皮脂が過剰分泌されると、毛穴の中にたまってしまい、
毛穴をつまらせることになりがちです。

 

毛穴につまった皮脂を栄養源としてニキビ原因菌が毛穴内部に繁殖すると、
炎症を起こしてニキビができます。

 

ですから高校生のニキビは、
まず過剰分泌された皮脂を洗い流すための洗顔が基本となります。
朝と晩の1日2回洗顔をおこない、肌を清潔に保つよう心がけましょう。

 

 

化粧水でのケアも大切

 

洗顔と同時にニキビケアに大切なのが、化粧水でのケアです。

 

洗顔はどうしても肌を乾燥させやすくなります。
肌が乾燥するとかえってニキビを悪化させることになりかね
ないため、
化粧水での保湿は重要です。
またニキビの炎症を抑えることも必要です。
抗炎症作用がある成分を配合した化粧水をつかうのがおすすめです。

 

 

ニキビをつぶすと跡が残ることになるので注意

 

ニキビができると、気になってどうしても触ったり、つぶしたりしたくなります。
でもこれは、絶対にしてはいけません。

 

ニキビを触ったりつぶしたりすると、手についた雑菌がニキビに侵入することになります。
これはニキビの悪化をまねきます。

 

またニキビをつぶすと、毛穴内部の皮膚組織を損傷し、傷を作ることになりがちです。
毛穴の皮膚に傷がつくと、細菌がそこから皮膚組織内部に侵入し、
キビの炎症はいっそう激しくなります。

 

ニキビを悪化させてしまうと、ニキビが治ったあとにも、
凸凹のクレーター状のニキビ跡を残すことになってしまいます。

ニキビ跡が一旦できてしまうと、完全に治すのは非常に難しくなります。

 

 

皮膚科の薬は長期間使用しない

 

ニキビが悪化し、化膿するようになったら、
自力でのケアは困難ですから皮膚科で薬をもらわなければなりません。
ただし皮膚科でもらった薬は、長期間使い続けないことが重要です。

 

皮膚科では、主に抗生物質を処方することによりニキビ原因菌を殺菌します。

 

抗生物質は長期間使い続けると、肌表面の善玉菌までを殺菌し、
かえってニキビを増やしたり、肌の調子を悪くしたりすることがあります。

 

また抗生物質は使い続けると、
細菌が薬剤耐性をもち、抗生物質が効かなくなります。

 

薬を使って症状が落ち着いたら、

化粧品を使った通常のスキンケアに切り替えるようにしましょう。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品