口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

顔の右側(または左側)にだけ大人ニキビができるのはなぜ?

顔の右側や左側など片側だけに大人ニキビができるのは、
寝る時に顔のどちらか一方だけを下にしているとか、
顔の片側を触るクセがあるなどのことが原因となっていることがあります。

 

 

ちょっとしたクセがニキビの原因に

 

ニキビは毛穴に雑菌が侵入し、毛穴内部で繁殖することにより発生します。
ですから雑菌の侵入を防ぐため、
洗顔により肌と毛穴はつねに清潔にしている必要があります。

 

ところがちょっとしたクセが、毛穴へ雑菌が侵入する原因になることがあります。

 

枕がニキビの原因となることも

 

まず大きな原因が、寝る時に枕に顔を押し付けて寝ることです。

 

枕は寝ているあいだに分泌される汗や皮脂を大量に吸い込みます。
それをそのまま放置すると、枕に雑菌が繁殖するようになります。

 

雑菌が繁殖した枕に顔を押し付けて寝ると、
枕の雑菌が毛穴に侵入することになります。

それが毛穴内部で繁殖し、ニキビを発生させることがあります。

 

顔の右側または左側のどちらかだけに大人ニキビができた人は、
自分が寝る時そちらを下にしていないか考えてみましょう。
もしそうならば、枕がニキビの原因となっていると考えられます。

 

頬杖をつくクセがある人は注意

 

また頬杖をつくなど顔のどちらかだけを触るクセがある人も、
そこにニキビを作ることがあります。

 

手は雑菌が繁殖して不潔になりがちです。
顔を触ると、毛穴に手の雑菌が侵入することになりがちです。

 

 

髪の毛もニキビの原因になる

 

髪の毛が顔の一部分にかかっている場合、
それが原因で大人ニキビができることがあります。

 

髪の毛にはシャンプーやリンスなど肌にとって、
刺激になる成分がすすぎ残されて残っていることがあります。
また髪の毛は、雑菌が繁殖して不潔になりがちです。

 

髪の毛が肌に触れるようになっていると、
そこから刺激成分や雑菌が毛穴に侵入し、ニキビができることがあります。

 

 

毛穴への雑菌の侵入をふせぐ工夫を

 

ニキビの予防には、まず清潔にし、
雑菌が毛穴に侵入するのをふせぐことが大切です。

 

枕が原因でニキビができている人は、枕カバーはこまめに洗濯するようにしましょう。
頬杖をつくクセがある人は、それを改めるようにすることも必要です。

 

また髪の毛は、上にまとめるなどの工夫で、
顔にかからないようするのがニキビケアには大切です。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品