口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

皮膚には「常在菌」という菌が常に存在している

皮膚には「常在菌」が常に存在しています。
常在菌は多くの種類がバランスを保つことにより、
悪玉菌の増殖を防ぐなど皮膚にとって重要な役割を果たしています。

 

抗生物質などにより常在菌を殺菌しすぎると、
バランスがくずれてニキビができやすくなることもあります。

 

 

皮膚には常在菌が常に存在している

 

皮膚には多数の常在菌が生息しています。
ニキビの原因となるアクネ菌も常在菌の1つで、
その他に表皮ブドウ球菌、マラセチア菌、黄色ブドウ球菌などがあります。

 

常在菌はまた、皮膚ばかりでなく全身のあらゆる場所に生息しています。
腸内にもビフィズス菌などの常在菌が存在します。

 

常在菌は、宿主である人間と、進化の過程で共生関係を築いてきたものです。
宿主から栄養源をもらう代わりに、常在菌は宿主に対して有益な働きをします。

 

人間などの生体には免疫機能があり、有害な細菌などを排除する働きをします。
ところが常在菌は人間にとって有益であるため、
通常は免疫反応により排除されることはありません。

 

 

皮膚の常在菌の働き

 

皮膚の常在菌は、皮脂をエサとして与えてもらう代わりに多くの働きをしています。

 

肌を乾燥や紫外線から守る

 

まず第一に、常在菌は肌を乾燥や紫外線から守っています。
常在菌が皮脂をエサとする際に、汗と皮脂とを混ぜ合わせる働きをします。
常在菌によって皮脂と汗とが混ぜ合わされると強力な保護膜となり、
肌はより乾燥しにくく、紫外線の影響を受けにくくなります。

 

肌を悪玉菌から守る

 

常在菌は、自らの分泌物によって肌が弱酸性となるようにpHバランスを保っています。
それによって悪玉菌が肌に増殖しにくい環境を、常在菌が作っています。

 

バランスを保つことによりそれぞれの常在菌が病原性をもたないようにする

 

常在菌には多くの種類があり、それぞれがお互いのバランスを保ちながら、
どれか1種類が突出して増殖しないよう、互いを牽制しています。

 

常在菌はいずれも、突出して優勢になってしまうと病原性をもち、
肌に有害となりますが、
通常はバランスを保つことによりそのようなことがないようにしています。

 

 

抗生物質などによる殺菌は常在菌のバランスをくずすこともある

 

抗生物質などにより体内の細菌を殺菌し過ぎてしまうと、
常在菌のバランスがくずれることがあります。

 

すると常在菌が通常果たしている機能が失われ、肌は乾燥しやすくなったり、
悪玉菌の肌内部への侵入を許したり、
1つの常在菌が突出するなどのことが起こる場合があります。

 

そうなると、ニキビを治すはずの抗生物質が、
かえってニキビを作る原因ともなってしまうことがありますので注意が必要です。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品