口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ニキビができやすい肌ってどんな肌?

「ニキビができやすい肌」は、思春期ニキビと大人ニキビで異なります。
思春期ニキビの場合には、皮脂の分泌量が多い、
オイリー肌の人がニキビができやすくなります。

 

それに対して大人ニキビの場合には、
むしろ乾燥肌の人がニキビができやすいといわれています。

 

 

オイリー肌の人は思春期ニキビに注意

 

思春期ニキビの原因は、
ホルモンバランスの乱れにより皮脂が過剰に分泌されることです。
ですから皮脂の分泌量が多い、オイリー肌の人ほどニキビができやすくなります。

 

肌質は遺伝的な要因にも左右されるといわれています。
ですから家族で思春期ニキビができた人がいる人は、
思春期ニキビができやすいので注意しましょう。

 

 

大人ニキビはむしろ乾燥肌の人がなりやすい

 

思春期ニキビと異なり、
大人ニキビはむしろ乾燥肌の人がなりやすいといわれています。

 

大人ニキビは一般に、
顔の中でも皮脂の分泌量が多い額や鼻などのTゾーンより、
皮脂の分泌量が少ない口のまわりやフェイスラインなどのTゾーンを中心としてできます。

 

また大人ニキビは、皮脂の分泌量が多い春から夏にかけてより、
皮脂の分泌量が減り肌が乾燥しやすい秋から冬にかけてのほうができやすくなります。

 

乾燥した肌は、まず肌表面の角質が厚くなっています。
肌は乾燥すると、少しでも多くの水分を保持しようとして、
角質を厚くする性質があります。

 

角質が厚くなると、どうしても毛穴の出口をふさいでしまいやすくなります。
出口をふさがれた毛穴は、皮脂の分泌量がとくべつ多くなくても、
皮脂が詰まりやすくなります。

 

また肌は乾燥し、バリア機能が低下すると、
皮脂の分泌を増やすことによりバリア機能を回復させようとする性質もあります。
一見オイリー肌の人も、皮脂の過剰分泌が、
実は乾燥によるものであることは少なくありません。

 

 

大人ニキビは肌以外の原因も多い

 

ただし大人ニキビは、肌質だけが原因になっているわけではありません。
その他の多くの原因が関係していることがありますから、
大人ニキビは総合的にケアしていくことが重要です。

 

まず大人ニキビの場合、ストレスが原因となっていることが少なくありません。
ストレスはホルモンバランスを乱し、皮脂の過剰分泌をまねきます。

 

また栄養バランスの偏りや睡眠不足などの生活習慣の乱れにより、
肌のターンオーバーが低下していると、ニキビができやすくなります。
生活習慣を改善することも、多くの場合、ニキビケアに有効です。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品