口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ニキビを潰した時に出る液体って害になるの?

ニキビを潰した時に出る液体は、ニキビの段階により異なります。

 

液体がついた指で別の部位に触れたからといって、
ニキビが移ることはほとんどありませんが、
ニキビを潰すことはニキビを悪化させる原因になるため、
できるだけしないようにするのがおすすめです。

 

 

ニキビを潰した時に出る液体はニキビの段階により異なる

 

ニキビを潰した時に出る液体は、ニキビの段階により異なります。

 

白ニキビから出る液体

 

ニキビの初期段階では、
毛穴に皮脂と角質が混ざり合うことによってできた角栓がつまり、
これが外から白く見えるようになります。

 

この段階のニキビを潰して出る液体は、おもに皮脂と角質が主成分となっています。

 

赤ニキビ・黄ニキビから出る液体

 

赤ニキビや黄ニキビになると、毛穴の中にアクネ菌などの細菌が繁殖し、
毛穴が炎症を起こしています。

 

この段階のニキビを潰したときに出る液体の中にも皮脂や角質は含まれていますが、
さらにこの段階のニキビからは膿が出てくるようになります。

 

炎症は、細菌に対して毛穴の細胞が免疫反応を起こしたものです。
白血球が細菌を攻撃し、細菌を駆除しようとしていますから、
出てくる液体の中には細菌の死骸と壊れた白血球が含まれています。

 

 

液体が別の部位についてもニキビが移る可能性は低い

 

ニキビを潰し、出てきた液体が体の別の部位についた場合、
ニキビが移る心配をする人がいるかもしれません。
しかしニキビの場合は、その可能性は非常に低くなります。

 

ニキビ原因菌であるアクネ菌は、嫌気性で酸素を嫌います。
ニキビを潰すとアクネ菌が指につく可能性は少なからずありますが、
アクネ菌が肌の表面に付着しても、
酸素があるために活発に活動することができません。

 

アクネ菌が活発に繁殖するのは、
毛穴の奥という酸素がほとんどない場所にいるからです。

 

アクネ菌が毛穴の奥で繁殖するためには、
栄養源である皮脂が毛穴に詰まっている必要があり、
それなしでニキビが発生することはほとんどありません。

 

ただすでに毛穴が皮脂によって詰まっている状態のところへ、
指でアクネ菌を付着させてしまうと、
アクネ菌が毛穴の中に入り込んで繁殖を始めることが、
全くないとはいえません。

 

 

ニキビは潰さないのが大切

 

ニキビを潰しても、それによりニキビが他に感染することはありません。
ただニキビを潰すと、ニキビを大きく悪化させることにつながります。

 

ニキビはできるだけ潰さないようにするのが大切です。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品