口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

光治療の種類(クリアライト・IPL・クリアタッチ・フォトフェイシャルアクネス)

光治療には、フォトダイナミックセラピー(PDT)の他にもいくつかの治療法があります。

 

 

クリアライト(フォトフェイシャルアクネス)

 

クリアライトは光線を使用して、
ニキビ原因菌の1つであるアクネ菌を殺菌する方法です。

 

アクネ菌が分泌するポルフィリンは、波長400nmくらいの青色の光を照射すると、
活性酸素を発生します。

 

活性酸素が細胞を破壊する作用により、
アクネ菌を殺菌しようというのがクリアライトの治療方法です。

 

クリアライトは事前に肌にジェルや薬剤を塗ったり、
薬剤を内服したりする必要がありません。

 

診察後にすぐに光照射を行えますから、
施術に時間がかからなのがメリットです。

 

ただしクリアライトは、アクネ菌以外のニキビ原因菌を殺菌することができません。
また青色の光は肌への浸透性が低いため、
毛穴の奥に潜んでいるアクネ菌を殺菌することはできません。

 

 

IPL(フォトフェイシャル)

 

IPLは「Intense Pulse Light(インテンス・パルス・ライト)」の略称です。
肌に有害な紫外線をカットした、
500nm〜1200nmまでの幅広い波長の光を同時に照射します。

 

IPLはまず、肌のシミやソバカス、赤みなどを改善する効果があります。
IPLのエネルギーにより、シミやソバカスの原因である、
メラニン色素および赤みの原因であるヘモグロビンにダメージを与え、
肌から排出されるのを助けます。

 

またIPLのエネルギーは、肌のコラーゲン生成をうながす作用もあります。
それにより肌のハリを取り戻し、シワやたるみを改善します。

 

IPLはレーザーなどに比べて弱い光を使うため、肌へのダメージが少なく、
また施術時間も短いのが特徴です。

 

 

クリアタッチ

 

クリアタッチは、

 

  • 波長430nm〜580nmの青い光
  • 波長660nmの赤い光

 

の2つのピークを持つレーザーを使用します。

 

青い光はアクネ菌の殺菌作用、
赤い光はニキビの炎症や赤みを抑える作用があり、
ニキビの改善に効果があります。

 

青い光がアクネ菌を殺菌するのは、上述のクリアライトと同じ原理です。
アクネ菌が分泌するポルフィリンに照射することにより発生する活性酸素が、
アクネ菌を殺菌します。

 

ただクリアライトと同様、アクネ菌以外のニキビ原因菌や、
毛穴の奥にひそむアクネ菌には効果がありません。

 

赤色の光は血管やニキビの赤みに吸収されます。
吸収され、熱エネルギーを与えることで、炎症や赤みを改善する効果があります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品