口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

皮膚科でニキビを潰すなら跡は残らないって本当?

皮膚科のニキビ治療では、ニキビを潰すことがあります。
これは人によっては効果がありますが、
ニキビ跡が残ってしまうこともあるため注意が必要です。

 

 

皮膚科ではニキビを潰すことがある

 

皮膚科へニキビ治療に行くと、ニキビを潰すことがあります。
これはニキビの中にある皮脂の芯を取り除くことにより、
ニキビが再発しないことを目的としています。

 

ニキビを潰す際には、まず針でニキビに穴を開けます。
次に小さなスプーンに似た器具をニキビにさし込み、ニキビの芯を取り出します。

 

この治療は麻酔などはすることなしに行われますので、かなり痛いのが特徴です。
また出血もしますから、
血だらけになった顔をガーゼで抑えながら病院から帰宅することになります。

 

 

消毒した器具で潰すからニキビ跡は残らないのが建前

 

一般にニキビを潰すと、多くの場合ニキビが悪化して、
ニキビ跡を残すことになります。

 

指などでニキビを潰してしまった場合、
指についた雑菌がニキビに入り、炎症をさらに悪化させます。

 

またニキビを潰すとき、
一緒に毛穴の皮膚組織に回復不能な損傷を与えてしまうことも少なくありません。

 

ただ皮膚科でニキビを潰す際には、消毒した清潔な器具で行い、
ニキビの芯だけを取り去りますから、ニキビ跡は残らないというのが建前です。

 

 

ニキビ跡が残るか残らないかは医師にも左右される

 

「ただし皮膚科でニキビを潰せばニキビ跡は残らない」のはあくまで建前で、
実際にはニキビ跡が残ってしまうことがあります。
これは治療を行う医師に左右されることも、実際問題として少なくありません。

 

病院の皮膚科は、「病気を治す」ことを目的としています。
ニキビの場合なら、病気を治すこととはニキビの炎症をしずめることです。

 

ところが病院の場合、
「治したあとのキレイさ」までは注意を払わないことが少なくありません。

 

ニキビの炎症がおさまりさえすれば「治った」とみなし、
ニキビ跡が残ろうが残るまいが関知しないということがあります。

 

もちろん皮膚科の医師の全員が、そうであるわけではありません。
ただ治ったあとのキレイさを気にしない医師に当たってしまうと、
ニキビを潰すことによってニキビ跡が残ってしまう場合がありますので注意が必要です。

 

一般にニキビは、よっぽど悪化してしまったものでない限り、
化粧品を使ってきちんとしたスキンケアを継続すれば、
ニキビ跡を残すことなく治すことができます。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品