口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

皮膚科のニキビ治療で飲み薬が出ることはあるの?

皮膚科でニキビ治療を行う場合、飲み薬が出されることもあります。
皮膚科で処方される飲み薬は、だいたい以下のような内容です。

 

ただ通常は飲み薬だけでなく、塗り薬とのセットで処方されることがほとんどです。

 

 

抗生物質

 

ニキビは毛穴につまった皮脂を栄養源として、
毛穴内部にアクネ菌などのニキビ原因菌が増殖することによって発生します。
これら原因菌を効果的に殺菌することができる薬が抗生物質です。

 

抗生物質はニキビ原因菌のタンパク合成を阻害するなどして、
原因菌の増殖を抑え、死滅させます。

 

抗生物質を飲む上での注意点

 

抗生物質は肌の表面や腸内の善玉菌までを殺菌してしまうことがあります。
ニキビがひどくなる、腹痛や下痢を起こすなどの症状があわれた場合は、
医師に相談してください。

 

抗生物質は長期間服用すると、
原因菌が薬剤耐性をもって薬が効かなくなります。

 

医師の指示に従って服用し、症状が収まったら服用をやめて、
スキンケアの継続に切り替えることが大切です。

 

 

消炎剤

 

ニキビができると原因菌により毛穴が炎症を起こし、
赤く腫れて痛みやかゆみをともなうようになります。

 

炎症が悪化すると化膿を起こし、ニキビ跡を残すことになりますから、
この炎症を抑える目的で皮膚科では消炎剤が処方されます。

 

通常消炎剤は、抗生物質とセットで処方されます。

 

 

ビタミン剤

 

ビタミンは、ニキビ治療に効果的に働きます。
皮膚科で処方されるのは、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCなどです。
通常1種類のビタミンだけでなく、
相乗効果を高めるため複数のビタミン剤が処方されます。

 

ビタミンA

 

ビタミンAは肌のターンオーバーを活性化させることにより肌の免疫力を増し、
ニキビ原因菌にたいする抵抗力を高めることを目的として処方されます。

 

ビタミンB群

 

ビタミンB2

ビタミンB2には脂質を代謝を活発にさせる働きがあります。
皮脂の過剰分泌を抑制する目的で処方されます。

 

ビタミンB6

ビタミンB6はタンパク質の代謝を促進することにより、健康な肌を作る効果があります。
肌のニキビ原因菌にたいする免疫力を増すことを目的に処方されます。

 

ビタミンC

 

ビタミンCは、

・皮脂の過剰分泌を抑制する

・抗酸化作用により、角栓が酸化されてニキビ原因菌の栄養源となるのを防ぐ
・ニキビ原因菌を殺菌する
・ニキビの炎症を抑える
・ニキビの炎症にともなうメラニン色素の沈着を予防する


などを目的として処方されます

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品