口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ニキビ治療薬(抗生物質、ステロイド系塗り薬)は長期間使わないこと

皮膚科で処方される抗生物質やステロイド系塗り薬などのニキビ治療薬には、
重篤な副作用のリスクがあります。
使用に際しては必ず医師の支持に従い、長期間使いつづけないことが大切です。

 

 

抗生物質の副作用

 

ニキビはアクネ菌などニキビ原因菌が毛穴内部で増殖し、
毛穴が炎症を起こすことにより発生する感染症の一種です。

 

抗生物質は細菌のタンパク合成を阻害するなどの方法により細菌の増殖を抑え、
死滅させる作用がありますから、ニキビ治療には大きな効果があります。

 

ただし抗生物質は次のような副作用がありますので、
長期間にわたる使用は避け、
症状が改善したらすぐに使用をやめる必要があります。

 

特に塗り薬の場合、チューブにまだ残っていたとしても、
医師から使用をやめるよう指示があったら使いつづけてはいけません。

 

抗生物質は体の善玉菌まで殺してしまうことがある

 

抗生物質は特定の細菌だけをターゲットに殺菌するわけではありません。
特に抗生物質を内服した場合、ニキビ原因菌にかぎらず、
体内のあらゆる細菌を殺菌してしまうことになります。

 

腸の中にはビフィズス菌など多くの善玉菌が生息し、
腸内の環境を正常化しています。

 

抗生物質がこれら善玉菌まで殺菌してしまうことにより、
腹痛や胃痛、下痢などの症状が現れることがあります。

 

また肌の表面には、多くの常在菌が生息し、肌環境を整えています。
抗生物質によりこれら常在菌が殺菌されることにより肌環境が悪化し、
逆にニキビが増えてしまうことがあります。

 

抗生物質は耐性菌を作り出す

 

抗生物質を使い続けることにより、
一定の割合で抗生物質に対する耐性をもった細菌が生まれ、
抗生物質が効かなくなります。

 

抗生物質が効かない状態は大変危険なため、
細菌が耐性をもつ前に、抗生物質の使用を中止する必要があります。

 

 

ステロイド剤の副作用

 

ステロイド剤は副腎皮質ホルモンを人工的に合成し、
さらにワセリンなどで練り合わせることにより肌に吸収されやすくしたものです。
ニキビの炎症を抑え、かゆみを軽減する効果があります。

 

ただ重篤な副作用がありますので、
使用に際しては自己判断せず医師の支持に従い、
長期の使用は避ける必要があります。

 

ステロイド剤の副作用

 

副腎皮質絹不全、消化管潰瘍、
糖尿病の誘発・悪化、骨粗しょう症、精神変調、うつ病、
心筋梗塞、白内障、緑内障、ムーンフェイス、精子数現象、頭痛、不眠、
高コレステロール血症、脂肪肝、静脈炎、眼球突出など。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品