口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ケミカルピーリングの効果と注意点

ケミカルピーリングは、白ニキビや黒ニキビなど、
初期のニキビに効果があるとされています。

 

ただケミカルピーリングはピーリング剤により肌を溶かすことになりますので、
肌の弱い人や角質の薄い人などは深刻なダメージを受けることがあり、
注意が必要です。

 

 

ケミカルピーリングとは?

 

ケミカルピーリングは皮膚科やクリニックなどで行われる施術ですが、
最近ではピーリング石鹸も販売され、自宅で自分でできるようにもなっています。

 

AHA(アルファヒドロキシン酸)などの酸を肌に塗ることにより肌の表面を溶かし、
角質を剥がします。

 

肌の表面に古い角質がはがれ落ちずに残っていると、
それが毛穴をつまらせる原因となります。

 

ケミカルピーリングでは古い角質を溶かし落とすことにより、
毛穴つまりを防ぐ効果があります。

 

また肌表面に塗られたピーリング剤は、毛穴の中にも入っていきます。
ピーリング剤が毛穴の中の角栓を溶かし去ることにより、
毛穴つまりを取り除きます。

 

さらにピーリング剤により古い角質が溶かし落とされることにより、
肌のターンオーバーが活性化されます。
それによって沈着した色素の排出を促したり開いた毛穴を改善する効果があります。

 

 

ケミカルピーリングの注意点

 

ケミカルピーリングは肌の表面を溶かし落とすという、ある意味手荒な治療法です。
ですからケミカルピーリングの後にはどうしても、肌が過敏になります。

 

ケミカルピーリングの後は保湿に十分気を遣うことが必要です。
また紫外線の刺激に弱くなっていますので、十分なUV対策を行い、
さらにできれば昼間は外出しないなどのことが必要になります。

 

 

ケミカルピーリングが深刻な肌トラブルの原因になることも

 

ケミカルピーリングは古い角質を溶かし落とすことが目的となりますが、
角質は非常に薄いため、ピーリング剤が古い角質だけでなく、
新しい角質も溶かしてしまうことがあります。

 

角質の厚さは人によって異なるため、
ピーリング時間やピーリング剤の濃度を同じにしていても、
角質の薄い人は新しい角質まで到達してしまうことがあるからです。

 

肌が弱い人の場合は新しい角質が溶かし落とされてしまうと、
肌荒れや乾燥肌になってしまったり、
場合によっては赤く腫れ上がったりすることもあります。

 

ケミカルピーリングはこのように肌に深刻なダメージを与えることがありますから、

ニキビケアには最終手段として考え、安易にやらないことが大切です。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品