口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

洗顔後のタオルがニキビを悪化させる刺激になっていることも

洗顔後のタオルがニキビを悪化させる刺激になっていることもありますので、
注意が必要です。

 

 

タオルで顔をゴシゴシこするのはNG

 

肌の表面にある角質は、水分を保持することにより、
外界の刺激や紫外線などから肌の内部を守っています。

 

この角質によるバリア機能がきちんと保たれるからこそ、
肌は健康でいられることになります。

 

ところがこの角質は、厚さが0.02mmしかありません。
ですからちょっとした刺激でも角質は傷つき、
ニキビを発生・悪化させるなど肌トラブルの原因になりがちです。

 

角質を傷つける大きな原因が、洗顔後のタオルにあるといわれています。
洗顔後に顔についた水をタオルでゴシゴシこするようにすると、
ただでさえ洗顔料の刺激で敏感になっている角質を傷付けることにつながります。

 

洗顔後のタオルは、

 

  • かならず柔らかい素材を使う
  • ゴシゴシこすらず、軽くおさえるように水分を吸収する

 

ことが大切です。

 

 

洗顔時に手でゴシゴシこするのももちろんダメ

 

顔をゴシゴシこすってはいけないのは、タオルだけではありません。
洗顔時も同様です。

 

洗顔は手でこするのでなく、
あくまで洗顔料を顔に移動させるようにするのが大切です。

 

 

タオルはかならず清潔なものを

 

何日も使ったタオルをそのまま使う人も少なくありません。
でもこれは、ニキビを悪化させる原因になります。

 

使ったタオルをそのままにしておくと、タオルに雑菌が繁殖します。
雑菌の繁殖したタオルで顔をふくと、タオルの雑菌がニキビに入り、
ニキビの炎症を悪化させることにつながります。

 

顔をふくタオルはかならず、毎回洗って清潔なものを使うようにしましょう。

 

 

男性の場合ならヒゲ剃りもニキビ悪化の原因に

 

男性は毎日ヒゲを剃ることになります。
男性の場合、このヒゲ剃りが、
ニキビを悪化させる原因になることがありますから注意が必要です。

 

ヒゲ剃りは、鋭利な刃物が肌の表面を削っていくことになります。
この時気を付けないと、角質を傷付けることになってしまいます。

 

ヒゲ剃りをおこなう際には、

 

  • 蒸しタオルなどでヒゲを柔らかくしてから行なう
  • カミソリの刃はマメに交換し、よく切れるものを使う
  • 逆剃りはしない

 

などのことが大切です。

 

またカミソリが汚れていると、雑菌がニキビに侵入する原因となります。
カミソリはかならず定期的に熱湯消毒し、清潔なものを使うようにしましょう。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品