口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

過剰な洗顔がオイリードライ肌の原因に

最近では、脂性のオイリー肌、
乾燥しやすいドライ肌のほかにオイリードライ肌で悩む人が増えています。

 

オイリードライ肌のおもな原因は、過剰な洗顔だと考えられています。

 

 

皮脂は必ずしも悪者ではない

 

多くの人が、大人ニキビなどの肌トラブルの原因を皮脂だと考え、
皮脂をとり去るために熱心に洗顔をします。

 

しかし皮脂は必ずしも悪者とはいえません。

 

皮脂は肌の表面を覆うことにより、肌から水分が蒸発するのを防いでいます。
ですから過剰な洗顔をおこなうことにより、
肌にとって本来必要な皮脂までをとり去ってしまうと、
肌は乾燥し、さまざまな肌トラブルを起こすことになります。

 

 

肌は乾燥すると皮脂を過剰に分泌するようになる

 

肌は乾燥してしまうと、角質が厚くなります。
角質に少しでも多くの水分を蓄えるため、
角質の水分容量を高めようとするからです。

 

角質が厚くなると、古い角質が肌に残りやすくなるために、
毛穴つまりを起こしやすくなります。

 

また肌は乾燥すると、
乾燥を少しでも防ごうと皮脂を過剰に分泌するようになります。
これが肌が乾燥していながら脂っぽい、オイリードライ肌の正体です。

 

分泌された過剰な皮脂をとり除こうとさらに過剰な洗顔をおこなうと、
皮脂はさらに過剰に分泌されるようになります。
まさに悪循環とも言える状況となり、オイリードライ肌は悪化することになります。

 

 

洗顔は1日2回で十分

 

洗顔は、朝と夜の2回で十分です。
それ以上の洗顔は、オイリードライ肌を引き起こすことになるといわれています。

 

また油とりシートなどで皮脂をとり過ぎることも、
オイリードライ肌の原因となりますので注意が必要です。

 

 

洗顔料の選択も重要

 

オイリードライ肌の原因となる肌の乾燥は、
洗顔料の選択によっても防ぐことができます。

 

一般の洗顔料には界面活性剤が含まれます。
この界面活性剤は油を落とす力が大変強いため、
肌にとって必要な皮脂までとり去ってしまうことになりがちです。

 

現在、界面活性剤をまったく含まない洗顔料も販売されるようになっています。

界面活性剤を含まなければ、肌を乾燥させる危険性が低くなりますから、

オイリードライ肌の人にはおすすめです。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品