口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ニキビ肌の人は、界面活性剤が入っていない洗顔フォームを

ニキビ肌の人は、界面活性剤が入っていない洗顔フォームを選ぶのがおすすめです。

 

界面活性剤が含まれない洗顔フォームとして、
クレイ洗顔料などが例としてあげられます。

 

 

界面活性剤はニキビができる原因になる

 

一般のほとんどの洗顔フォームには、界面活性剤が含まれます。
界面活性剤は脱脂力が強すぎるため肌を傷め、
ニキビができる原因になることがあります。

 

界面活性剤とは?

 

皮脂などの油性の成分は、そのままでは水に溶けないため、
水だけでは洗い落とすことができません。
界面活性剤は、水と油を結びつける働きがあり、
油汚れを水に溶かすことを可能にします。

 

界面活性剤の分子には、
水と結合する部分と油と結合する部分との両方が備わっています。
界面活性剤を仲立ちとすることにより、水と油は結びつくことができるようになります。

 

界面活性剤は肌への刺激が強い

 

界面活性剤を使用すると、洗顔料は豊かに泡立ち、
また脱脂力が強いため肌の皮脂をきれいに落とすことができるようになります。

 

さらに界面活性剤は洗浄剤の中では比較的安価なため、
ほとんどの洗顔フォームには界面活性剤が使われています。

 

ただこの界面活性剤は、
洗顔フォームの洗浄剤として使うには大きなデメリットがあります。

 

まず界面活性剤の脱脂力が強すぎて、
肌が本来必要とする皮脂まで取り去ってしまうことになります。

 

皮脂は通常は、肌の表面を覆うことにより肌から水分が蒸発するのを防いでいます。
肌から皮脂がすべて取り去られてしまうと、肌は水分を失い、乾燥してしまいます。

 

さらに界面活性剤は、肌表面の細胞を損傷させます。
細胞が損傷することにより、肌表面に備わるバリア機能が破壊されます。

 

バリア機能が破壊された肌はニキビの原因を作る

 

界面活性剤によりバリア機能が破壊されると、
肌はバリア機能を少しでも回復させるため、

 

  • 少しでも多くの水分を保持することができるようにするため角質層を厚くする
  • 皮脂を過剰に分泌し、肌を乾燥から守ろうとする

 

のことを行なうようになります。
これらはいずれも、皮脂が毛穴につまりやすくなる事態をまねき、ニキビの原因になります。

 

 

ニキビ肌の人は、界面活性剤が入っていない洗顔フォームを

 

ですから特にニキビ肌の人は、洗顔フォームとしてできる限り、
界面活性剤が入っていないものを選ぶのがおすすめです。

 

界面活性剤が含まれない洗顔フォームとして、

天然クレイの超微粒子により皮脂を吸着して落とす、泥洗顔などがあげられます。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品