口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

間違った洗顔はニキビの原因になるので注意が必要

間違った洗顔は、ニキビの原因になるので注意が必要です。
洗顔は、脱脂力の弱い洗顔料を使い、
肌を傷めないよう優しく行なうことが大切です。

 

 

間違った洗顔はニキビの原因になる

 

一般にニキビは肌の皮脂が原因で、ニキビを防ぎ、
悪化させないためには洗顔が大切だと言われます。
このことは、必ずしも間違っているとはいえませんが、正しいともいえません。

 

ニキビはたしかに、
過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまうことが原因の1つです。

 

ただ皮脂が過剰分泌されることの大きな原因に、
実は間違った洗顔をあげることができます。

 

多くの洗顔料には界面活性剤が含まれます。
この界面活性剤は脱脂力が非常に強く、
必要以上に皮脂を取り去ってしまうことにより、肌のバリア機能を破壊します。

 

皮脂は本来、肌の表面を覆うことにより、
肌から水分が蒸発するのを防ぎ、を乾燥から守る役割を果たしています。

 

界面活性剤が必要以上に皮脂を取り去ってしまうと、
肌は乾燥し、肌に保持した水分により肌の内部を守ることができなくなります。

 

また洗顔の際に肌をゴシゴシとこするようにしてしまったり、
1日に何度も洗顔したりしてしまうと、
やはり必要以上に皮脂を取り去ることになり、
肌は乾燥し、バリア機能が破壊されます。

 

バリア機能が破壊されると、肌はバリア機能を少しでも回復させようとして、
皮脂を過剰に分泌させるようになります。

 

これにより、ニキビケアを目的としているはずの洗顔が、

逆にニキビを発生・悪化させることにつながってしまいます。

 

 

洗顔は肌を傷めないよう優しく行なうことが大事

 

洗顔は、肌を傷めないよう、優しく行なうことが大事です。

 

洗顔は朝晩2回で十分

 

洗顔は、朝と晩と2回で十分です。
それ以上の回数洗顔してしまうと、肌を傷めることになってしまいます。

 

また脂拭き取りシートの使いすぎも、
皮脂の取り過ぎにより肌を傷めることにつながります。

 

ゴシゴシとこすらない

 

洗顔の際、ゴシゴシとこするようにするのはタブーです。
手で汚れを落とそうとするのでなく、
洗顔料を肌に伸ばすような感覚で洗顔します。

 

また洗顔後に水気を拭き取る際にも、タオルでこすることはせず、
タオルを肌に押し付け水気を吸収させるようにします。

 

脱脂力の強い洗顔料はダメ

 

脱脂力の強い洗顔料は肌を傷めます。
洗顔料は、脱脂力が強すぎず、
必要な皮脂まで取り去ってしまわないものを選ぶことがポイントです。

 

一般に界面活性剤が含まれている洗顔料は、

脱脂力が強すぎるためおすすめできません。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品