口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

大人ニキビがある時のメイクはどうすればいい?

大人ニキビがある時は、どうしてもメイクでニキビを隠してしまいたくなるものです。
ですがあまり厚いメイクは、ニキビを刺激する原因となりますのでおすすめできません。
またメイク用品も、できる限り肌にやさしいものを選ぶ必要があります。

 

大人ニキビがある時にはメイクは家に帰ったらすぐ落とし、

長時間メイクし続けないことも大切です。

 

 

メイクはニキビを刺激する原因になる

 

メイク用品の中には、ニキビを刺激する成分が含まれているものがあります。

 

まず油分はニキビを刺激し、
さらに油分が毛穴につまることによりニキビの原因も作ります。

 

また多くのメイク用品に含まれる界面活性剤や防腐剤、
その他添加物もニキビを刺激することになります。
さらに開封後時間がたち、劣化したメイク用品も、ニキビを刺激することがあります。

 

ですから大人ニキビができた時には、

 

  • 厚塗りをしない
  • ニキビを刺激しない、肌にやさしいものを選ぶ

 

ことが大切です。

 

 

ニキビを刺激しないニキビ用品は?

 

ニキビを刺激する可能性が一番高いのは、肌のすぐ上に塗るファンデーションです。
ファンデーションには多量の油分が含まれるものがあるので、
油分の少ないファンデーションを選ぶことが大切です。

 

リキッドファンデーションやクリームファンデーションは、
肌のカバー力は高いものの、油分が多いのが欠点です。
また配合される界面活性剤や防腐剤も多めです。

 

ですから大人ニキビができた時は、
油分の少ないパウダーファンデーション、
またはミネラルファンデーションがおすすめです。

 

特にミネラルファンデーションは、油分だけでなく水分も含まないため、
腐敗や酸化などによる劣化の心配もありません。

 

また種類によってはクレンジング剤を使わず落とすことができますから、

クレンジングによってニキビを刺激することも少なくなります。

 

 

家に帰ったらすぐにメイクを落とすことも大切

 

できる限りニキビを刺激しないメイク用品を選んでも、
やはりメイクがニキビを刺激することには代わりがありません。

 

ですからメイクは、家に帰ったらすぐに落とすようにして、
長時間メイクをしたままでい続けないようにしましょう。

 

ただしメイクを落とす際のクレンジングが、
肌を乾燥させることにより逆にニキビを悪化させてしまうことがあります。

 

クレンジングによってニキビを悪化させないためには、
強い界面活性剤の含まれるクレンジングオイルではなく、
クレンジングミルクがおすすめです。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品