口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

洗顔をした後は天然ハーブの化粧水で保湿をしよう

洗顔後の肌は乾燥しやすい状態になっています。
洗顔後はすぐに、化粧水でしっかり保湿するのが大切です。

 

大人ニキビができている人は、
抗炎症作用のある天然ハーブが配合された化粧水がおすすめです。

 

 

洗顔による乾燥がニキビを発生・悪化させることが多い

 

ニキビケアの方法というと、「1にも2にも洗顔」と言われることがあります。
これは必ずしも間違っているとはいえませんが、正しいともいえません。

 

ニキビはたしかに、皮脂が毛穴につまることが原因となっています。
ですから洗顔によって毛穴つまりをとり除くことは、ニキビケアには大切です。

 

ただ洗顔をすると、
洗顔料の刺激などによって皮脂が必要以上にとり除かれてしまったり、
肌表面のバリア機能が破壊されてしまったりして肌を乾燥させることにつながります。

 

肌の乾燥を放置すると、角質硬化や皮脂の過剰分泌をまねき、
逆にニキビを発生・悪化させてしまうことになります。

 

ですから頬、フェイスラインに関する記事でも書きましたが、
ニキビケアには、洗顔と同時に肌をきちんと保湿し、
肌の乾燥を防ぐことが非常に大切です。

 

そのためには洗顔後すぐに、

保湿効果の高い化粧水を使うのがおすすめです。

 

 

炎症をおさえる化粧水は刺激が強すぎるものもあるので注意

 

すでに大人ニキビができてしまっている場合は、
化粧水はニキビの炎症をおさえる成分が配合されているものがおすすめです。

 

ただしニキビケア用の化粧水の中に含まれる炎症をおさえる成分は、
肌への刺激が強すぎるものがあります。

 

そういう場合、炎症をおさえることはできても、
刺激によって肌を乾燥させ、かえってニキビを悪化させてしまうことも少なくありません。

 

炎症をおさえる成分としておすすめなのは、天然ハーブです。

 

オウゴンエキスやカミツレエキスなどの天然ハーブは、

古来より抗炎症剤として民間療法で使用されてきました。
作用は穏やかで、肌に刺激を与えることはほとんどありません。

 

 

油性の保湿クリームなども肌を刺激することがある

 

肌を保湿するために、化粧水に加えて、
油性の保湿クリームなどを使うことが推奨されることがあります。
ただこれは、あまりおすすめできません。

 

保湿クリームを使うのは、洗顔によって失われてしまった皮脂を補うためです。
ただし油性の成分はニキビへの刺激となる場合があり、
ニキビを悪化させることにつながります。

 

保湿クリームを使うより、まずは洗浄力の強過ぎない洗顔料を選ぶことにより、
皮脂をとり過ぎないことを考えるのが大切です。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品