口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ニキビの時はリキッドタイプよりもパウダー系のファンデーションを

ニキビの時は、油分の多いリキッドタイプより、
パウダー系のファンデーションがおすすめです。

 

油分は毛穴をつまらせる原因になります。
また油分は酸化することによりニキビに対する刺激となります。

 

 

ファンデーションの油分は毛穴をつまらせニキビへの刺激となる

 

リキットタイプのファンデーションの多くには油分が含まれます。
油分は肌への密着力を高め、カバー力が高くなる効果がありますが、
そのためにどうしても毛穴に入り込みやすく、毛穴をつまらせる原因になります。

 

また油分は長時間空気に触れていると、
空気中の活性酸素により酸化されやすくなります。

 

酸化した油分が毛穴に入り込むと、
皮脂と同様アクネ菌のエサとなり、ニキビを悪化させる原因になります。

 

ですからニキビの時は、油分の多いリキッドタイプよりも、
油分の少ないパウダー系のファンデーションがおすすめです。

 

 

コンシーラーもニキビを悪化させることが

 

ニキビを隠すために、ニキビ用のコンシーラーを使うことも少なくないと思います。
ただコンシーラーにも多量の油分が含まれるため、
ニキビへの刺激となる場合がありますので注意が必要です。

 

コンシーラーを使う場合も、厚塗りは避けるようにしましょう。

 

 

脂性の人は皮脂吸着効果の高いものを

 

脂性の人の場合、パウダーファンデーションは、
皮脂吸着効果の高いものを選ぶようにしましょう。

 

それによって化粧くずれを防ぐと同時に、
皮脂によるニキビの悪化も防ぐことができます。

 

 

パウダーでは粉が吹いたようになる場合は水性のリキッドファンデーションを

 

乾燥肌の人の場合、肌の水分と油分が少ないため、
パウダー系のファンデーションを塗ると、
粉が吹いてしまうようになることがあります。

 

その場合にはリキッドタイプのファンデーションを使わなくてはならなくなると思います。

 

ただリキッドタイプのファンデーションも、ニキビの時は油分の多いものは避け、
ノンオイルや水性のリキッドファンデーションを使うのが、
ニキビの症状を悪化させることが少ないといえます。

 

 

厚塗りは避けてできる限りポイントメイクで済ます

 

ただしパウダーファンデーションでも、
ニキビに対する刺激が全くないわけではありません。
厚塗りは避けることが大切です。

 

またできるだけニキビ部分に直接メイクすることはせず、
ポイントメイクで済ませることが、ニキビを悪化させないコツとなります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品