口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ニキビで炎症を起こした部分はこすらないこと

ニキビで炎症を起こした部分は、洗顔の際にこすらないことが大切です。
毛穴汚れを取り去ることは、ニキビの炎症が収まってからにします。

 

 

炎症段階(赤ニキビ)までいっている場合は極力さわらないこと

 

ニキビは毛穴に皮脂が詰まることによって発生します。
つまった皮脂は空気中や体内の活性酸素で酸化され、過酸化脂質に変化します。

 

毛穴に詰まった過酸化脂質は外から黒く見えるため、
この段階のニキビは「黒ニキビ」と呼ばれます。

 

過酸化脂質を栄養源として、
毛穴内部にアクネ菌が増殖するようになると、「赤ニキビ」となります。

 

赤ニキビではアクネ菌の活動により毛穴内部が炎症を起こし、
赤く腫れてかゆみや痛みを伴うようになります。

 

赤ニキビになると、かゆみや痛みがあるためどうしても気になって、
つい手でさわってしまいがちになります。

 

また洗顔の際にもニキビの凸凹が手で感じられますから、
どうしてもニキビを手で強く圧迫してしまいがちです。

 

ただ赤ニキビは手で触ると、一気に悪化してしまうことがあります。

 

まず雑菌が付着した汚い手で赤ニキビをさわると、
雑菌がニキビに侵入することがあります。

 

雑菌がニキビに侵入すると、ニキビの炎症は一気に激しくなります。

 

また洗顔の際、きれいな手であっても、
赤ニキビをさわるとニキビが悪化することがあります。

 

炎症を起こした毛穴内部は、ちょっとした刺激でも損傷しやすくなっています。
毛穴が刺激により損傷を受け、毛穴に傷がついてしまうと、
そこからニキビ菌が皮膚組織に侵入し、炎症は拡大することになります。

 

 

赤ニキビのときは洗顔はやさしく最低限で

 

赤ニキビになったら、洗顔はできる限りやさしく行い、
最低限で済ますことが大切です。

 

赤ニキビの段階では、まずは炎症を抑えることに集中し、
毛穴汚れを取り去るのは炎症が収まってからにします。

 

赤ニキビの炎症を抑えるためには、
抗炎症成分を配合した化粧水などを使用するのがおすすめです。

 

 

黒ニキビの段階まではニキビは毛穴汚れを取れば改善する

 

毛穴汚れを取り去ることは、赤ニキビになってしまったらおすすめできませんが、
黒ニキビの段階までなら有効なニキビ治療法です。

 

ニキビは毛穴につまった皮脂や過酸化脂質が原因となって悪化しますから、
毛穴詰まりを取り去ればニキビの原因はなくなります。

 

毛穴の詰まりを取り去るためには、

クレイ洗顔のような毛穴の汚れを落とせる洗顔料を使うのがおすすめです。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品