口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

拭き取りタイプのクレンジングシートは使わないこと

クレンジングシートは手軽にメイクを落とすことができるので、
利用している人も少なくないと思います。

 

ただニキビができた時には、
クレンジングシートはニキビを悪化させることがあります。

 

 

ニキビができたら刺激はご法度

 

皮脂が毛穴につまることにより発生するニキビは、
やがて皮脂をエサとしてニキビ原因菌のアクネ菌が毛穴に増殖し、
毛穴が炎症を起こすことになります。
炎症を起こした毛穴は、皮膚組織が損傷を受けた状態になります。

 

この時ニキビに触るなどして刺激を与えると、ニキビは大きく悪化することがあります。

 

まず損傷を受けた毛穴の皮膚組織はもろくなっているため、
ちょっとした刺激でも回復不能なダメージを受けることがあります。

 

また刺激により毛穴の皮膚にキズがつくと、
そこから雑菌が毛穴周辺の皮膚組織に侵入し、炎症を大きく広げることがあります。

 

このような状態になってしまうと、ニキビが治った後でもニキビ跡を残すことになります。

 

ですからニキビができたら、ニキビに刺激を与えることはご法度です。
触るなどのことはできる限りせず、ニキビをそっとしておくことが大切です。

 

 

クレンジングシートはニキビに刺激を与えることになる

 

クレンジングシートはたしかに手軽にメイクを落とすことができますが、
使用の際に繊維が肌をこすることになるため、
どうしてもニキビを刺激してしまうことになります。

 

そのためクレンジングシートを使用することによって、
ニキビを悪化させることがありますので注意が必要です。

 

 

クレンジングシートは汚れを毛穴に押し込んでしまうことがある

 

さらにクレンジングシートは、メイク汚れをきちんと落とせないことがあります。
クレンジングシートでメイク汚れをふき取るときに、
シートに汚れがすべて吸着されれば問題はありません。

 

でもそうではなく、クレンジングシートで汚れをふき取ることで、
かえって汚れを毛穴に押しこむ結果になってしまうことがあるからです。

 

メイク汚れは多くの油分を含みます。
油分は時間がたつと酸化して、肌に対する刺激物質となります。

 

これが毛穴の中に入り込んでいくことで、
ニキビができている場合にはニキビの炎症をより悪化させることになります。

 

ですからニキビができた時にはクレンジングシートは使わずに、
クリームタイプのクレンジング剤を使用するのがおすすめです。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品