口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

極力油分の少ない化粧品を選ぶのが大切

油分の強いファンデーションは、ニキビの炎症の原因になるので注意が必要です。

 

肌に合わない化粧品の使用についてでも書きましたが、
ニキビケアには、油分が少ないファンデーションを選ぶのがおすすめです。

 

 

ファンデーションの油分は肌への刺激になる

 

ファンデーションには肌への密着性を高めるため、
多量の油分が含まれているものがあります。

 

油分は肌が敏感な人にとっては刺激となり、ニキビの原因になることがあります。
特に安物のファンデーションには鉱物油が含まれています。
鉱物油は肌への刺激が強いため、ニキビの炎症の原因になることがあります。

 

 

油分が毛穴に残るとニキビ菌のエサになる

 

ファンデーションは肌の上に直接つけますから、
ファンデーションの油分は毛穴の中に入っていくことになります。

 

毛穴の中に入った油分は、残ったままになってしまうと、
ニキビ菌のエサになり、ニキビを発生させることになります。

 

特に密着性の高いウォータープルーフタイプのファンデーションは、
毛穴の中に残りやすいので注意が必要です。

 

 

クレンジングオイルは肌を乾燥させる

 

ファンデーションなど化粧品の油分を落とすため、
多くの人がクレンジングオイルを使います。

 

クレンジングオイルはたしかに毛穴につまった化粧品を落としてくれますが、
非常に刺激が強いのが特徴です。

 

クレンジングオイルには、化粧品の油性の汚れを浮かせるために、
油が含まれています。

 

ですからクレンジングオイルは、化粧品の油分の他に、
クレンジングオイル自身に含まれる油分を落とさなければならなくなり、
そのためクレンジングオイルには、
非常に強力な界面活性剤が配合されています。

 

界面活性剤は必要な皮脂までを取り去ってしまうことになるため、
肌を乾燥させることになってしまいます。

 

また界面活性剤は肌表面の細胞を破壊して、
肌のバリア機能を崩壊させることがあります。

 

乾燥し、バリア機能が崩壊すると、肌は皮脂を過剰に分泌させるようになります。
この皮脂の過剰分泌が、ニキビ発生の原因となります。

 

 

ファンデーションには油分が極力含まれていないものを

 

ファンデーションを選ぶ際には、
油分が極力少ないものにするのがニキビ予防には効果的です。

 

リキッドファンデーションよりパウダーファンデーションのほうが、
含まれている油分は少なくなります。

 

また水ファンデーションも、含まれる油分が少ないので、

ニキビケアにはおすすめとなります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品