口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

タバコによるターンオーバー低下、ビタミンCの破壊がニキビの原因に

タバコを吸うとニキビができやすくなります。

 

タバコ自身がニキビの原因になるとともに、
タバコは血行を阻害してターンオーバーを低下させ、
さらにニキビ予防に必要なビタミンCを破壊するため、
被害が拡大することになります。

 

 

タバコの煙は毛穴つまりの原因になる

 

タバコの煙には微小な成分が含まれ、これが毛穴に入ることになります。
毛穴に入った微小成分は毛穴つまりの原因となり、
それによってニキビができやすくなります。

 

 

タバコの煙によって肌が敏感になる

 

タバコを吸うと、肌の表面をつねにタバコの煙が刺激することになります。
それにより肌は敏感になり、
ニキビを初めとする様々な肌トラブルを起こしやすくなります。

 

 

タバコによって大量の活性酸素が発生する

 

タバコは人体にとって有害物質ですから、
体内に入ると白血球が活動を始め、タバコの成分を除去しようとします。
白血球の活動により大量の活性酸素が発生します。

 

活性酸素によって肌の細胞が傷付けられることで、
ニキビや肌荒れなどが起きやすくなります。

 

また活性酸素はコラーゲンやエラスチンなど、
肌の弾力を保つための物質を劣化させてしまうため、
肌にシワやたるみができやすくなります。

 

 

血行を悪くしターンオーバーを低下させる

 

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させ血行を悪くする性質があります。
血行が悪くなると、栄養が生き届きにくくなるため、
肌のターンオーバーが低下します。

 

肌のターンオーバーが低下すると、
古い角質が肌から離れにくくなり、毛穴をつまらせる原因となります。

 

またターンオーバーが低下した肌は、
ニキビの炎症や細菌に対する抵抗力が低下します。

 

 

ビタミンCを破壊することにより被害を拡大する

 

タバコはビタミンCを破壊します。

 

タバコを2本吸っただけで、
1日に必要なビタミンCがすべて破壊されると言われています。

 

ビタミンCには、

 

  • 皮脂の分泌を抑える
  • 免疫力を高めニキビ菌を殺菌する
  • 活性酸素を抑制する
  • ニキビによって起こる色素沈着を予防する
  • コラーゲンの分泌を促進してニキビ跡を予防・解消する

 

などニキビケアに有効な様々な働きがあります。

 

タバコによりビタミンCが破壊されるため、
タバコによって生じるニキビをさらに悪化させ、被害が拡大することになります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品