口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

便秘になるとニキビができやすくなる!?

あごの大人ニキビの記事でも書きましたが、
食生活の乱れはニキビの原因につながります。

 

栄養バランスが乱れることによりニキビができやすくなることに加え、
食生活の乱れで便秘になると、それもニキビの原因になります。

 

 

栄養バランスが乱れるとニキビができやすくなる

 

食品に含まれる栄養素には、
ニキビをできやすくするものと、ニキビを予防するものとがあります。

 

ニキビができやすくなる栄養素

 

ニキビができやすくなる栄養素は脂質と糖質です。

 

脂質も糖質も皮脂の原材料となるため、
脂質と糖質を取り過ぎると皮脂が過剰分泌される原因となり、
ニキビができやすくなります。

 

脂質は肉や脂っこい食品に、
糖質はチョコレートや甘いお菓子などに多く含まれます。

 

ニキビを予防する栄養素

 

ニキビを予防するために必要な栄養素として必要なのは、ビタミンとミネラルです。
ビタミンとミネラルが足りなくなると、ニキビができやすくなります。

 

ビタミンA

ビタミンAは肌のターンオーバーを高め、毛穴つまりを防ぎます。
ビタミンAはニンジンやほうれん草、レバーなどに多く含まれます。

 

ビタミンB2

ビタミンB2は皮脂の分泌を抑制する働きがあります。
ビタミンB2はレバーや青魚、卵などに多く含まれます。

 

ビタミンB6

ビタミンB6はタンパク質の生成を促進し、丈夫な肌組織を作る働きがあります。
ビタミンB6はレバーや大豆、バナナなどに多く含まれます。

 

ビタミンC

ビタミンCはメラニン色素の生成を予防する、
免疫力を高めてニキビ菌を殺菌する、
コラーゲンの生成を助けてニキビ跡を予防するなど、
ニキビに対して多くの効果があります。
ビタミンCは新鮮な野菜や果物に多く含まれます。

 

ミネラル

カルシウムや亜鉛などのミネラルは肌のターンオーバーを高めます。
ミネラルは豆類や魚介類に多く含まれます。

 

 

便秘はニキビの原因となる

 

食生活の乱れは便秘の原因にもなります。
野菜などに多く含まれる食物繊維は便をやわらかくする効果があるので、
食物繊維が不足すると便秘になりやすくなります。

 

また肉や脂っこい食事に含まれる動物性脂肪は、
腸内の悪玉菌を増やして腸内環境を悪化させるため、
動物性脂肪を取り過ぎると便秘になりやすくなります。

 

便秘になると、腸内の毒素が腸壁から吸収され、
血液によって全身に運ばれます。

 

この毒素が肌に作用すると、肌は様々なトラブルを起こし、

ニキビもできやすくなります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品