口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

免疫力が低下すると炎症がひどくなる

女性の場合生理前になるとニキビが増えることがあります。
これは女性ホルモンのバランスに関係しています。

 

 

生理前に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)がニキビの原因

 

女性の体内では、
プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)とが、
バランスを保ちながら分泌されています。

 

生理の2日目から分泌されはじめるエストロゲンは、
「美肌ホルモン」と言われることもあり、
肌のターンオーバーのリズムを整え肌を整えてくれる作用があります。

 

それに対して排卵日から生理初日まで分泌されるプロゲステロンは、
皮脂の分泌をうながす性質があります。

 

排卵日から分泌され始めたプロゲステロンは、
生理初日になると力を最大に発揮し、皮脂の分泌量がピークになります。

 

このため生理前になると、女性はどうしても肌が脂っぽくなります。

 

分泌された皮脂が毛穴につまるとニキビになりますから、
女性は生理前になるとニキビができやすくなるというわけです。

 

 

生理前の高温期もニキビの発生を助長する

 

プロゲステロンが分泌される排卵日から生理までの期間は、
女性の体は高温期に当たります。

 

女性の体はエストロゲンが分泌されているときには低温期、
そしてプロゲステロンが分泌されるときには高温期となり、
低温期と高温期を交互に繰り返します。

 

高温期になると免疫力が低下するため、
ニキビによって発生する炎症がひどくなりやすくなることになります。

 

生理前にニキビができやすい人は、
高温期の熱が体内にこもりやすいといわれています。

 

体内の熱はおもに筋肉で発生しますが、
毛穴から熱を発散することにより体温が一定に保たれることになります。

 

ところが毛穴の働きが正常に行われず、
熱を発散しにくくと、ニキビができやすいことになります。

 

毛穴の働きが正常に行われないのは、肌のターンオーバーが低下して、
肌が乾燥したり、傷んだりしていることが大きな原因と言われています。

 

 

症状の重い人はホルモン剤やサプリの使用も

 

生理前ニキビの症状が重い場合、皮膚科ではメサルモンF、ジオール、
低用量ピルなどのホルモン剤を処方することにより、
ホルモンバランスを調整する場合があります。

 

生理前ニキビがどうしても治らない場合は、
皮膚科を受診するのもひとつの方法です。

 

また薬を使いたくないという場合は、
イブニングプリムローズなどのサプリメントも、
ホルモンバランスを回復させる効果がありますのでおすすめです。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品