口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

お酒がニキビを悪化させてしまう理由とは?

酒は百薬の長といわれ、適量を飲む分には血行を促進して健康によいものです。
ただお酒の飲み過ぎは様々な弊害があり、ニキビの原因にもなります。

 

 

お酒は炎症をひどくする

 

お酒は血行を促進することになりますから、
炎症が起きている場合には炎症がひどくなります。

 

ニキビは毛穴の中が炎症を起こした状態ですから、
お酒を飲むとニキビが悪化します。

 

 

お酒の糖分は皮脂の分泌を促す

 

お酒にはかなり多量の糖分が含まれています。
糖分は皮脂の原材料となりますので、
糖分をたくさん摂ると、皮脂が過剰に分泌されることになります。

 

さらにお酒によって毛細血管が拡張し、皮脂腺が刺激されます。
それによって皮脂はなおさら活発に分泌されるようになります。

 

 

お酒はビタミンを消費する

 

体はお酒のアルコールを分解するためにビタミンB2やビタミンB6を消費します。

 

ビタミンB2とビタミンB6は皮脂を分解し、タンパク質を作り出すことで、
ニキビ予防・解消に必要な栄養素です。

 

お酒を飲むことでビタミンB2やビタミンB6が足りなくなり、
ニキビができやすくなります。

 

 

お酒は活性酸素を作り出す

 

お酒のアルコールが肝臓で分解されるときに、大量の活性酸素が発生します。
活性酸素は肌の細胞や組織を傷つけ、
ニキビを初めとする様々な肌トラブルの原因になります。

 

 

肝臓に負担がかかるので血液が汚くなる

 

お酒を飲むと、アルコールを分解するために肝臓に大きな負担がかかります。

 

肝臓は普段は血液中の毒素を分解する働きをしていますから、
お酒を飲むことでそれが十分に行われず、
血液中の毒素が肌に悪影響を与えることになります。

 

 

お酒はニキビの間接的な原因となる

 

お酒を飲むことは、ニキビの間接的な原因を作りやすくなります。

 

脂っこいツマミを食べたくなる

 

お酒を飲むとどうしても、脂っこいツマミが食べたくなります。
脂っこいツマミに含まれる脂質は皮脂の原料となり、
皮脂の過剰分泌を招きます。

 

睡眠不足になりやすい

 

お酒を飲む人はどうしても夜が遅くなりがちです。
そうすると睡眠不足によって肌のターンオーバーが低下して、
ニキビをはじめとする肌トラブルを起こしやすくなります。

 

不規則な生活がストレスになる

 

口の周りのニキビに関する記事でも書きましたが、
お酒を飲むとどうしても生活が不規則になりがちです。

 

不規則な生活はストレスとなってホルモンバランスを乱します。
ホルモンバランスの乱れは皮脂の過剰分泌をまねき、ニキビの原因になります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品