口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

妊娠中だけニキビができる人も

妊娠中にニキビに悩まされる人は少なくありません。

 

妊娠中にニキビができるのは、
妊娠によるホルモンバランスの変化が主な原因です。

 

 

妊娠するとホルモンバランスが変化する

 

妊娠すると、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)と、
プロゲステロン(黄体ホルモン)の両方が、普段より多く分泌されるようになります。

 

このことが、妊娠するとイライラしやすくなったり、
疲れやすくなったりする原因となりますが、
ニキビができる原因ともなっています。

 

プロゲステロンは皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌をうながす性質があります。
そのため妊娠すると、多く分泌されるプロゲステロンにより、
皮脂の過剰分泌をまねき、皮脂が毛穴につまるとニキビとなります。

 

ただプロゲステロンの分泌は妊娠後期から出産後には通常通りにもどるため、
ニキビの症状は自然に収まることがほとんどです。

 

 

つわりによる食べ物の嗜好の変化がニキビの原因となることも

 

つわりになると、食べ物の嗜好が変化して、
限られたものしか喉を通らなくなることがあります。
人によっては、甘いものやスナック菓子などばかりを食べてしまうこともあります。

 

甘いものやスナック菓子などは、皮脂の原料となり、
これらを食べ過ぎると皮脂の過剰分泌をうながすことになります。
それが原因で妊娠中にニキビができることもあります。

 

 

便秘もニキビの原因に

 

妊娠すると、子宮が大きくなって腸を圧迫することにより、
便秘になりやすくなります。

 

便秘になると、腸内の毒素が腸壁から吸収され、
血管を通って全身に運ばれますから、
毒素が肌に作用するとニキビができやすくなります。
妊娠中のニキビは、便秘も1つの原因となっています。

 

 

妊娠中のニキビケアはていねいな保湿を中心に

 

妊娠中は、通常なら問題にならないちょっとした薬剤が、
胎児の発育に大きな影響を与えることがあります。

 

ですから皮膚科へ行っても、
通常のニキビ治療に処方するステロイドを含む塗り薬やビタミン剤などは、
処方してもらえません。

 

またもし妊娠前に皮膚科でもらっていた薬がある場合でも、
それを妊娠中に使っていいかどうかは医師に相談する必要があります。

 

ですから妊娠中のニキビには、ていねいにスキンケアを行い、
悪化させてニキビ跡を残さないよう心がけましょう。

 

妊娠中は肌もデリケートになっているため、
化粧水でしっかり保湿するのがおすすめです。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品

関連するページ

直接的な原因は「毛穴のつまり」
角質が堅くなると毛穴がつまりやすくなり、ニキビの原因になる
乾燥肌は大人ニキビの主要な原因の一つ
大人ニキビとストレスの関係性について
大人ニキビの原因となる菌
大人ニキビの原因となるダニ
「活性酸素」が肌に与えるダメージ
寝不足・夜更かしがニキビの原因になる理由
食生活の乱れは胃腸を弱くし、ニキビの原因につながる
肌に合わない化粧品の使用、長時間のメイク
油分の強いファンデーションはニキビの炎症の原因に
タバコを吸うとニキビが出来やすくなる
お酒はたくさん飲むとニキビの原因になる
冷え性や便秘は肌荒れ・ニキビの原因になる
ダイエットが原因でニキビが増えることがある
夏場のエアコンはニキビを悪化させる
ホルモンバランスが乱れるとニキビができやすくなる
生理前になるとニキビが増える理由
日焼けや紫外線がニキビの原因になることもある
髪の毛や整髪料がニキビを悪化させる
あぶらとり紙の使いすぎに注意
思春期のニキビでは男性の方が重症化しやすい傾向がある
大人ニキビでは女性の方が重症化しやすいので注意
更年期のニキビ(アダルトニキビ)の主な原因
同じ場所にくり返しニキビができる理由