口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

更年期にニキビができやすくなる原因とは?

更年期になってからニキビができる女性も少なくありません。
更年期のニキビ(アダルトニキビ)の主な原因は、
更年期にともないホルモンバランスが変化することです。

 

また年齢が上がるにつれて肌のターンオーバーが低下してくることも、
更年期のニキビの原因となります。

 

 

更年期によるホルモンバランスの変化がニキビを発生させる

 

女性の体内には、
エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の、
2種類の女性ホルモンがバランスを保っています。

 

ところが更年期になると、エストロゲンが減少します。
それにより、相対的にプロゲステロンが多くなることになります。

 

プロゲステロンは皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌をうながす性質があります。
更年期になってプロゲステロンが優勢になった結果、
皮脂の過剰分泌をまねき、
分泌された皮脂が毛穴につまることによりニキビの原因となります。

 

 

エストロゲンの減少が肌の潤い不足をまねく

 

エストロゲンは「美肌ホルモン」とも呼ばれ、
肌を潤いのあるピチピチとした状態に保つ働きをします。

 

ところが更年期になるとエストロゲンが減少するため、
肌は潤いが不足して乾燥しやすくなります。

 

肌が乾燥すると、肌は皮脂を過剰に分泌させるようになります。
さらに角質が厚くなり、
毛穴がつまりやすくなるためにニキビができやすくなります。

 

 

年齢が上がることによるターンオーバーの低下

 

肌は平均して28日周期でターンオーバーをくり返し、
古い組織を新しいものと置き換えています。
このターンオーバーが、年齢が上がるにつれて徐々に低下してきます。

 

肌のターンオーバーが低下すると、傷んだ肌がなかなか修復されにくくなります。
修復されず傷んだままの肌は、ニキビ原因菌に対する免疫力が落ち、
ニキビを発生・悪化させやすくなります。

 

さらに肌のターンオーバーが低下すると、
古い角質が肌の表面からはがれにくくなります。

 

肌表面に残った古い角質は、
毛穴の入り口をふさいで毛穴をつまらせやすくなります。

 

また毛穴内部の古い角質は、分泌された皮脂と混ざり合って角栓を作り、
これも毛穴をつまらせる原因となります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品