口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

顔にできるニキビとボディにできるニキビの原因菌は違う!?

大人ニキビは菌が原因となって発生します。
ニキビを発生させる菌としてアクネ菌が有名ですが、
その他にも多くの菌がニキビを発生させる原因となります。

 

 

アクネ菌

 

人間の肌には多くの常在菌が繁殖し、様々な働きをしています。
それら常在菌のうちの1つがアクネ菌です。

 

アクネ菌というとニキビの原因となる悪者というイメージがありますが、
アクネ菌は必ずしも悪いことばかりをしているわけではありません。

 

通常は肌に住み着くことにより肌の酸性度を弱酸性に保ち、
他の病原菌が侵入したり繁殖したりするのを防ぐ働きをしています。

 

アクネ菌は肌の皮脂を栄養源としています。
また酸素を嫌うため、酸素が少ない状況で活発に繁殖します。

 

ですから皮脂が詰まった毛穴の奥は、
アクネ菌にとっては最も住みやすい環境であることになります。

 

アクネ菌が毛穴の奥に住み着くと、
免疫反応により白血球の攻撃を受けるようになります。

 

それによって毛穴は炎症を起こし、
赤ニキビと呼ばれる赤く腫れたニキビを作ります。

 

炎症はさらに悪化すると化膿し、
化膿した毛穴は破れて周辺の皮膚組織をも損傷させていくことになります。

 

 

黄色ブドウ球菌

 

人間の肌にはその他にも多くの常在菌が繁殖しています。
それら常在菌も大なり小なりニキビの発生に関わっていますが、
ニキビを悪化させる大きな原因になるのが黄色ブドウ球菌です。

 

ブドウ球菌は、顕微鏡で見ると、
ぶどうの房のような形をしていることからその名前が付けられました。

 

黄色ブドウ球菌は、さらに黄色い色素を産出することから、
その名前が付けられています。

 

黄色ブドウ球菌は、健常者に対しては通常はそれほど悪さをしませんが、
高齢者や病気で弱っている人に対しては、肺炎など様々な感染症、
食中毒などを起こすことがあります。

 

黄色ブドウ球菌は、単独では病原性を発揮することはあまりありません。
ただ黄色ブドウ球菌は、傷口があるとそこから体内に侵入し、
病原性を発揮する性質があります。

 

ですからアクネ菌によって炎症が起き、化膿が周辺組織へと拡大したニキビがあると、
黄色ブドウ球菌はそこへ侵入し、さらに炎症を悪化させることになります。

 

黄色ブドウ球菌による炎症は激しいため、黄色ブドウ球菌がニキビに侵入すると、

炎症は一気に拡大してしまいます。

 

 

マラセチア菌

 

マラセチア菌も、やはり人間の肌に常在する常在菌の一つで、カビの一種です。

 

アクネ菌がおもに顔にできるニキビの原因になっているのに対して、
マラセチア菌はおもに体にできるニキビの原因となっていて、
「マラセチア毛包炎」という病名で呼ばれます。

 

人間の肌に常在するマラセチア菌には9種類がありますが、
そのうちニキビを作る原因になるのは
M. furfur、M. globosa、M. restricta、 M. sympodialis、 M. dermatisの5種類です。

 

マラセチア菌は毛穴に侵入して炎症を起こしますが、
炎症は2つの段階を踏んで悪化します。

 

まずマラセチア菌が毛穴に侵入することにより、
毛穴の細胞が菌を異物と認識して免疫反応を起こします。
この免疫反応は、5種類のマラセチア菌の中でもM. furfurが中心的な役割を果たします。

 

さらにマラセチア菌は、
皮脂分解酵素リパーゼ(マラセチアリパーゼ)を分泌することにより、
皮脂を遊離脂肪酸へと変える働きがあります。

 

遊離脂肪酸は細胞にとって刺激物質であるため、
やはり免疫反応が起きて炎症が起こります。

 

マラセチアリパーゼによる炎症は、5種類のマラセチア菌の中で
M. globosa、M. restricta、 M. sympodialis、M. dermatisの働きによって起きています。

 

マラセチア菌によるニキビは、免疫反応による炎症については、

海草であるアマモとサンゴ草のエキスが効果があります。
またマラセチアリパーゼによる炎症には海水ミネラルが効果があります。

 

 

MRSA

 

MRSAはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の略称です。
基本的な性質は黄色ブドウ球菌と全く同じですが、
抗生物質がほとんど効かないことが特徴です。

 

MRSAは通常の場所にはあまりいませんが、
病院など抗生物質が大量投与される状況の中で、突然変異により発生します。

 

MRSAは健常者にはそれほど悪影響はありませんが、
高齢者や病気で体が弱っている人などが感染すると、
敗血症や骨髄炎、肺炎など深刻な感染症を発症することがあり、
抗生物質が効かないために死にまで至ることが少くありません。

 

MRSAは基本的に病院で発生するもので、
たとえ抗生物質を使っていたとしても自宅にはまずいません。
ですから自宅でMRSAの心配をする必要はありません。

 

ただ仮に病院に入院中などにニキビが悪化し、
そのニキビの傷口にMRSAが侵入した場合には、抗生物質が効きませんから、
ニキビが大きく悪化してしまうことがあります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品

関連するページ

直接的な原因は「毛穴のつまり」
角質が堅くなると毛穴がつまりやすくなり、ニキビの原因になる
乾燥肌は大人ニキビの主要な原因の一つ
大人ニキビとストレスの関係性について
大人ニキビの原因となるダニ
「活性酸素」が肌に与えるダメージ
寝不足・夜更かしがニキビの原因になる理由
食生活の乱れは胃腸を弱くし、ニキビの原因につながる
肌に合わない化粧品の使用、長時間のメイク
油分の強いファンデーションはニキビの炎症の原因に
タバコを吸うとニキビが出来やすくなる
お酒はたくさん飲むとニキビの原因になる
冷え性や便秘は肌荒れ・ニキビの原因になる
ダイエットが原因でニキビが増えることがある
夏場のエアコンはニキビを悪化させる
ホルモンバランスが乱れるとニキビができやすくなる
生理前になるとニキビが増える理由
妊娠中にニキビが増える理由
日焼けや紫外線がニキビの原因になることもある
髪の毛や整髪料がニキビを悪化させる
あぶらとり紙の使いすぎに注意
思春期のニキビでは男性の方が重症化しやすい傾向がある
大人ニキビでは女性の方が重症化しやすいので注意
更年期のニキビ(アダルトニキビ)の主な原因
同じ場所にくり返しニキビができる理由