口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

活性酸素が多くなるとニキビができる!?

大人ニキビの大きな原因の一つに活性酸素があげられます。

 

活性酸素は不安定な酸素分子のことで、体内で常に作られ続けるほか、
紫外線やタバコ、ストレスなどによっても生産されます。

 

肌の組織を攻撃するため、様々な肌トラブルの原因になります。

 

 

活性酸素とは?

 

活性酸素は不安定な酸素分子のことです。
酸素は呼吸により体内に取り込まれますが、
取り込まれた酸素のうち3%ほどが活性酸素になってしまいます。

 

酸素分子は通常は水素と結合することにより安定化します。
ところが活性酸素は分子構造が不安定になっているため、
水素分子と結合することができません。
そのため活性酸素は結合先を探して体内を暴れまわることになります。

 

活性酸素は体内に侵入してきた細菌やウィルスを攻撃し、
消毒する作用があります。

 

ですからある程度の活性酸素は人間の体にとって必要ですが、
活性酸素が多くなりすぎると体の組織も破壊されることになってきます。

 

活性酸素は脂質と結合しやすい性質を持っています。
細胞を取り巻く細胞膜には多くの脂質がありますから、
活性酸素はこれと結合することになります。

 

脂質は活性酸素と結合することにより酸化されて過酸化脂質になり、
錆びてしまうのと同じような状態になります。

 

それにより細胞膜の機能が低下し、
細胞はきちんと活動することができなくなってしまいます。

 

活性酸素は体内で自然に作られるほか、

紫外線やタバコ、ストレスなどによっても増加します。

 

 

活性酸素が肌に与えるダメージ

 

活性酸素は肌の細胞も攻撃することになります。
特に肌は紫外線にさらされやすいため、活性酸素ができやすくなっています。

 

活性酸素が発生すると、肌の細胞が損傷を受けるため、
肌が乾燥しやすくなったり、荒れたりしやすくなります。
それにより大人ニキビを始めとする様々な肌トラブルが発生します。

 

活性酸素は肌の皮脂とも結合し、過酸化脂質へ変化させます。
過酸化脂質は有害なため、毛穴につまった皮脂が過酸化脂質に変化すると、
毛穴が炎症を起こすことになります。

 

また活性酸素はコラーゲンやエラスチンなど、肌の弾力を保つ物質と結合し、
性質を変化させてしまいます。
それにより肌は弾力を保てなくなり、シワやたるみなどができる原因になります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品