口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

洗顔のしすぎも肌の乾燥の原因に

一般に大人ニキビの原因として「皮脂」が注目される傾向があります。
ですから大人ニキビの解消には、「1にも2にも洗顔が大切」とも言われます。

 

でも実は大人ニキビは、皮脂よりむしろ乾燥肌が主要な原因の一つとなっています。

 

 

思春期ニキビと大人ニキビは原因が違う

 

思春期ニキビの原因は、成長にともなってホルモンバランスが乱れ、
過剰に分泌されるようになった皮脂が毛穴につまることです。

 

ですから思春期のニキビは、顔の中でも皮脂の分泌量が多い、
おでこや鼻などTゾーンを中心としてできます。

 

また季節の中でも、思春期ニキビは皮脂の分泌量が増える、
春から夏にかけてできやすくなります。

 

それに対して大人ニキビは多くの場合、乾燥肌が原因となります。
ですから顔の中でも乾燥しやすい口の周りやあご、
フェイスラインなどUゾーンを中心としてできます。

 

また季節では、大人ニキビは肌が乾燥しやすい秋から冬にかけてできやすくなります。

 

 

乾燥肌が大人ニキビを作る理由

 

肌が乾燥すると、まず角質層が厚くなる角化異常が起こります。
角化異常を起こした肌は、古い角質が肌からはがれ落ちにくくなり、
古い角質が毛穴の中にたまりやすくなります。

 

角質に関する記事でも書きましたが、
毛穴の中にたまった古い角質は分泌された皮脂と混ざり合い、
角栓を作って毛穴をつまらせることになります。

 

また肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下することになります。
バリア機能が低下すると、肌はそれを補おうとして、
皮脂を過剰に分泌するようになり、毛穴をつまらせる原因となります。

 

 

肌が乾燥するのは洗顔が原因となることが多い

 

肌が乾燥するのは、多くの場合洗顔が原因となっています。

 

一般の洗顔料に洗浄剤として含まれる界面活性剤は肌への刺激がとても強く、
肌が本来必要とする皮脂まで奪い去り、さらに肌表面の細胞を破壊します。
またクレンジングオイルも、肌への刺激が洗顔料より強くなっています。

 

肌が敏感な人は、
界面活性剤が含まれる洗顔料やクレンジングオイルを使うことにより、
肌が乾燥してしまいます。

 

また洗顔の回数や方法によっても、肌を乾燥させてしまうことがあります。

 

洗顔を1日3回以上すると、

必要な皮脂まで洗い落として肌を乾燥させることになります。

 

洗顔の時に肌をゴシゴシとこするようにすることも、
その刺激により肌の角質層を傷め、肌を乾燥させることになります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品