口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ターンオーバーが低下しないようにするのが大事

大人ニキビの原因である毛穴つまりは、
角質が堅くなることによって起こることがあります。

 

角質が堅くなるのは、ターンオーバーが低下してくることが原因です。

 

 

ターンオーバーが低下すると角質が堅くなり毛穴をつまらせる

 

肌は約28日周期でターンオーバーを行い、
古い組織を新しい組織と入れ替えています。

 

肌の表面にある角質層も、ターンオーバーにより新しいものと置き換えられ、
古い角質は垢として肌からはがれ落ちていきます。

 

ところがターンオーバーが低下すると、
古い角質は肌に残ったままになり、角質が堅くなります。

 

角質が堅くなると、毛穴の周辺に盛り上がって毛穴をふさいでしまうことになります。
また角質は毛穴内部にもありますから、
毛穴の内部に古い角質がたまるようになると、
分泌された皮脂と混ざり合い「角栓」と呼ばれるフタになって毛穴をつまらせます。

 

 

ターンオーバーが低下する理由

 

ターンオーバーが低下するのは様々な理由があります。

 

保湿不足

 

肌の保湿が不足して乾燥した状態になると、ターンオーバーは低下します。

 

加齢

 

年齢が上がるにつれ、誰でもターンオーバーが低下していく傾向があります。

 

睡眠不足

 

ターンオーバーは夜寝ているあいだに活発になるため、
睡眠不足が続くとターンオーバーは低下します。

 

栄養のかたより

 

ターンオーバーに必要な、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足すると、
ターンオーバーは低下します。

 

ストレス

 

ストレスが加わると、自律神経の働きが低下することになり、
ターンオーバーは低下します。

 

喫煙や過度の飲酒

 

喫煙や過度の飲酒は全身の血行を妨げます。
ターンオーバーに必要な栄養素は血液により運ばれるため、
血行が滞るとターンオーバーは低下します。

 

運動不足

 

運動不足になると自律神経の働きが低下し、
血行が滞るようになるため、ターンオーバーは低下します。

 

 

ピーリングはニキビを悪化させることもあるので注意

 

堅くなった角質を薬品やレーザーにより取り除くことにより、
毛穴つまりを解消するピーリングが、
多くのクリニックで行われるようになっています。

 

またピーリング剤を石鹸に配合することで、
自宅でも手軽にピーリングができるようになっています。

 

ただピーリングは場合によっては必要な角質まで取り除いてしまい、
肌の乾燥を招いてニキビを悪化させることがあります。

 

ピーリングを行う際には自分の肌に合うかどうかをよく確認し、

やり方についても細心の注意を払う必要があります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品