口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

紫外線が原因のニキビには2種類ある

日焼けや紫外線がニキビの原因となることがあります。

 

紫外線そのものが原因となってニキビが発生するほか、
紫外線により発生する活性酸素もニキビの原因となります。

 

 

紫外線を防御するため角質が厚くなり毛穴をふさぐ

 

肌の表面にある角質は、水分を含むことにより、
肌の内部を紫外線や細菌などから守るバリア機能の役割を果たしています。
肌は紫外線を浴び続けると、バリア機能を強化するために角質を厚くします。

 

角質が厚くなると、毛穴をふさぐことになりやすく、

毛穴詰まりを起こしてニキビができることになります。

 

 

紫外線はバリア機能そのものも破壊する

 

紫外線のエネルギーにより、
角質のバリア機能が破壊されてしまうこともあります。

 

バリア機能が破壊されると、肌の表面から水分が失われ、
肌は乾燥した状態になります。

 

乾燥した肌は、何とかバリア機能を回復しようと、
皮脂を過剰に分泌するようになります。
過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まると、ニキビができることになります。

 

 

紫外線が発生させる活性酸素によりニキビができる

 

肌は紫外線を受けると、活性酸素を発生させます。
また紫外線は、体内にあるエネルギーの低い活性酸素に、
エネルギーを補給することにより、強力な活性酸素に変化させることもあります。

 

活性酸素は脂質と結びつくことにより、
脂質を劣化させ過酸化脂質に変えてしまう作用があります。

 

体内の細胞は、細胞膜に多量の脂質を含みますから、
これが活性酸素により劣化させられてしまうことにより、細胞の機能が低下します。

 

肌の細胞の機能が低下すると、
肌は正常なターンオーバーを行なうことができなくなり、

 

  • 古い異角質層が肌からはがれ落ちにくくなり毛穴をつまらせる
  • 角質層のバリア機能が低下する

 

などのことが起こります。
これらはいずれもニキビの原因となります。

 

さらに活性酸素は、毛穴につまった皮脂に対しても作用します。

 

皮脂も脂質でできていますから、
これが過酸化脂質に変化させられることにより、
肌に有害な物質となってしまいます。

 

過酸化脂質に対する免疫反応により毛穴で炎症が起こり、
ニキビが悪化することになります。

 

 

紫外線からのケアにはUV対策と同時にビタミンCを

 

紫外線から肌をケアするには、
UV対策と同時にビタミンC美容液を使うのが効果的です。

 

ビタミンC美容液は、活性酸素を中和し、

活性酸素により劣化させられた皮脂を元にもどす働きがあります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品