口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

刺激がある化粧品は大人ニキビを悪化させる

肌に合わない化粧品の使用や長時間のメイクはニキビの原因になります。

 

 

肌に合わない化粧品の使用はニキビの原因になる

 

人間の肌は千差万別ですから、ある人にとっては問題がない化粧品でも、
別の人にとっては肌の刺激になる場合があります。

 

化粧品による刺激による肌の乾燥や肌荒れは、ニキビの原因になります。

 

有名ブランドであるという理由だけで、
実は肌に合わない化粧品を使っている人も多いので、注意が必要です。

 

化粧品が肌に合わないことは様々な原因があります。

 

着色料や香料などの添加物

 

着色料や香料など添加物の多くは、肌に対して刺激があります。
肌が敏感な人はこれら添加物の刺激により、
肌が乾燥したり肌荒れしたりすることがあります。

 

界面活性剤

 

多くの化粧品は水性の成分と油性の成分とを両方含むため、
それらをきちんと混ぜ合わせるために界面活性剤が使われます。

 

界面活性剤には強い刺激があり、
肌のバリア機能を破壊して、肌を乾燥させることがあります。

 

アルコール

 

アルコールは気化する際に水分を奪いますので、
肌を乾燥させる原因となります。

 

アルコールは多くの化粧品に含まれますが、
アルコールが原因で肌が乾燥する場合には、
ピンプルフリーの化粧品がおすすめです。

 

アルカリ度の強い化粧品

 

肌の表面は弱酸性に保たれることで雑菌の侵入を防いでいます。
アルカリ度の強い化粧品を使用すると肌のpHバランスが崩れ、
雑菌の侵入を許すことになります。

 

さらにアルカリ度の強い化粧品は角質層を溶かし、
肌のバリア機能を崩壊させることがあります。

 

アルカリ度の高い化粧品は肌にしみないため、
肌に合わないことに気付きにくいことがあるので注意が必要です。

 

 

長時間のメイクが大人ニキビの原因になる

 

ファンデーションなど多くの化粧品には油分が含まれます。
長時間のメイクをして化粧品に含まれる油分が毛穴につまると、
ニキビの原因になります。

 

特にウォータープルーフタイプの化粧品は、
化粧崩れを防止するため肌への密着性を高めるようになっているため、
クレンジングをしても毛穴に残ってしまうことがあります。

 

また化粧品の成分の中にはオレイン酸やミネラルオイルなど、
油性でなくてもニキビを誘発するものがあります。

 

メイクは帰宅したらできる限り早く落とすことが、ニキビ予防には大切です。

 

またファンデーションなどもリキットタイプでなく、

パウダータイプを使うほうが、含まれる油分は少なくなります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品