口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

思春期の男性のニキビが悪化してしまう原因とは?

思春期のニキビは男性ホルモンが分泌されることが大きな原因となりますので、
男性ホルモンの分泌が多い男性の方が、ニキビは発生・悪化しやすくなります。

 

また思春期の男性は適切なスキンケアを行わないことも少なくないため、
ニキビが重症化しやすい傾向があります。

 

 

思春期ニキビの原因は男性ホルモン

 

思春期になると、第二次性徴が始まり、
男性も女性も男性ホルモンが多く分泌されるようになります。

 

男性ホルモンは皮脂腺を刺激し、皮脂の過剰分泌をうながす性質があります。
過剰に分泌された皮脂は毛穴をつまらせ、ニキビができることになります。

 

第二次性徴で分泌される男性ホルモンは、
男性の方が女性に比べて分泌量が多くなります。

 

ですから男性は女性に比べ、
思春期ニキビが発生・悪化しやすい傾向があります。

 

 

思春期の男性は多くが適切なスキンケアを行わない

 

思春期になると、女性はスキンケアに興味を持ち、
ニキビに対するケアも適切に行なうことが多くなります。

 

思春期ニキビで病院を受診するのも、
男性より女性が圧倒的に多いと言われています。

 

思春期の男性は、洗顔すらしないことがままあります。
またスポーツをしている思春期の男性は、
汗をかいてもそのまま放置してしまうことも少なくありません。

 

さらに男性は思春期になるとヒゲが生えてきます。
ヒゲ剃りは、不衛生なカミソリ使ったり、
ヒゲ剃り後の保湿をきちんとしなかったりしてしまうと、
肌を傷めてニキビを発生・悪化させることにもつながります。

 

さらに男性の場合、ニキビを手で潰してしまうことも少なくありません。
手で潰されたニキビは、一気に悪化することになります。

 

このように思春期の男性は、適切なスキンケアを行わないことにより、
ニキビを重症化させやすい傾向があります。

 

 

ニキビは重症化するとニキビ跡が残る

 

ニキビは毛穴に皮脂がつまることから始まります。
つまった皮脂をエサとしてニキビ原因菌が毛穴の中に繁殖すると、
毛穴が炎症を起こすことになります。

 

ニキビができた場合、適切なスキンケアを行なうことにより、
この段階で食い止められれば、大きな問題は起こりません。

 

ところが適切なスキンケアを怠り、ニキビが重症化してしまうと、
炎症は化膿を起こして毛穴が破れ、
毛穴周辺の皮膚組織まで破壊されていくことになります。

 

皮膚組織が破壊されると、ニキビが治っても肌が再生されなくなり、
肌に凸凹のニキビ跡を残してしまうことになります。

 

ニキビ跡は一旦できてしまうと完全に治すことは困難です。
ニキビを重症化させないよう、細心の注意が必要です。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品