口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ホルモンバランスの乱れが大人ニキビの悪化原因に

ホルモンバランスが乱れると、ニキビができやすくなります。

 

ホルモンバランスの乱れは、
思春期の場合には第二次性徴が原因で起こりますが、
大人になってからはストレスが大きな原因となります。

 

 

思春期には第二次性徴でホルモンバランスが乱れる

 

思春期の第二次性徴では、男の子だけでなく女の子も、
男性ホルモンが通常より多く分泌されるようになることでホルモンバランスが乱れます。

 

男性ホルモンは皮脂腺を刺激する働きがあり、
男性ホルモンが多く分泌されるようになると、皮脂が過剰に分泌されます。

 

一般に男性の方が脂性肌の人が多いのは、
このように男性ホルモンが皮脂を分泌させる性質があるからです。

 

過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、
皮脂をエサとしてニキビ原因菌が毛穴の中に繁殖するようになると、
毛穴が炎症を起こしニキビとなります。

 

思春期のニキビは一定の時期が過ぎるとホルモンバランスが回復し、
男性ホルモンの分泌量が減るために、多くの場合自然に治ります。

 

 

大人もストレスによりホルモンバランスが乱れる

 

大人もホルモンバランスが乱れることがあります。
ホルモンバランスが乱れる大きな原因は、ストレスです。

 

人間はストレスを受けると、
男性でも女性でも男性ホルモンが分泌されるようになります。

 

男性ホルモンは闘争心や瞬発力を高めることにより、
ストレスから脱出することを手助けしてくれる性質があります。

 

「火事場の馬鹿力」とは、まさにストレスを受けることにより分泌された男性ホルモンが、
通常では考えられないような筋力を発揮させる例と言えます。

 

男性ホルモンが分泌されることにより、思春期の場合と同様、
皮脂腺が刺激され、皮脂が過剰分泌されるようになります。

 

「緊張で脂汗をかく」といいますが、
これはストレスにより皮脂が過剰分泌される例となります。

 

過剰に分泌された皮脂は、
思春期同様毛穴をつまらせニキビを発生させることになります。

 

 

ストレスが原因の大人ニキビは繰り返しやすい

 

思春期の場合には、男性ホルモンの分泌は、
一定の時期が過ぎると通常通りに戻りますから、ニキビは自然に治ります。

 

ところがストレスが原因で起こる大人ニキビの場合には、
ストレスが継続している限り男性ホルモンが分泌され続けますから、
放っておいても治ることはありません。

 

ですからストレスが原因の大人ニキビは、適切なスキンケアを行なうのと同時に、

ストレスを解消する工夫が必要となります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品