口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ニキビの人にはビタミンCが効果的

ニキビの人は、ビタミンCを積極的に摂取するようにしましょう。
ビタミンCはニキビに対して多くの効果的な働きをします。

 

 

ビタミンCは美白効果が高い

 

ビタミンCの美白効果はよく知られています。
メラニン色素の生成を促す酵素チロシナーゼの働きを抑制することにより、
色素の沈着を予防します。
また沈着した色素を解消する働きもあります。

 

ニキビが悪化し、炎症が激しくなると、ニキビ周辺に色素が沈着するようになります。
色素の沈着は、ニキビが治ってからもニキビ跡として残ります。

 

ビタミンCの美白効果は、このニキビ跡を予防・解消する働きがあります。

 

 

皮脂分泌の抑制効果

 

ビタミンCには皮脂の分泌を抑制する効果があります。

 

ニキビの主要な原因は、分泌した皮脂が毛穴につまることです。
ビタミンCはこれを抑制することにより、ニキビができにくくします。

 

 

抗炎症作用

 

ビタミンCは炎症を抑える抗炎症作用があります。

 

ニキビは原因菌の働きにより毛穴が炎症を起こした状態です。
ビタミンCは炎症を抑えることにより、ニキビの悪化を防ぎます。

 

 

強力な殺菌効果

 

ビタミンCには強力な殺菌効果があります。

 

ニキビは原因菌アクネ菌の増殖により発生します。
ビタミンCはアクネ菌を殺菌することにより、ニキビの原因を元から遮断します。

 

 

活性酸素の還元作用

 

ビタミンCには大量に発生した活性酸素を取り込み、
還元して無毒化する働きがあります。

 

活性酸素はニキビを発生・悪化させる大きな原因です。
活性酸素は脂質を酸化し、過酸化脂質に変化させる作用があります。

 

この作用で毛穴につまった皮脂が過酸化脂質に変化させられ、
アクネ菌の栄養源になりやすい状態となることによって、
アクネ菌の増殖を許すことになります。

 

また活性酸素は肌の細胞内にある脂質も過酸化脂質に変化させ、
肌細胞の機能を低下させます。

 

機能が低下した肌細胞はアクネ菌に対する抵抗力が弱まり、
ニキビが発生・悪化しやすくなります。

 

ビタミンCは活性酸素を無毒化することにより、ニキビの発生・悪化を抑制します。

 

 

コラーゲンの生成を促進、肌の代謝をアップする

 

ビタミンCはコラーゲンの生成を促進します。
コラーゲンは肌組織の主要な成分で、
コラーゲンが豊富に生成されることにより肌の代謝がアップします。
肌の代謝は、ニキビに強い、健康な肌を作るために重要です。

ビタミンCにより代謝がアップされた肌は、

ニキビができにくく、また治りやすい状態となります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品