口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ニキビが気になる人はビタミンAも摂取しよう

ニキビの発生・悪化を防ぐためには、
ビタミンCやビタミンB群など、多くの栄養素が必要です。
その中でもビタミンAは、ビタミンCとともにニキビ対策には重要です。

 

 

ビタミンAは肌のターンオーバーに深く関係する

 

肌は約28日周期でターンオーバーをくり返し、
古い組織を新しいものへと置き換えていきます。

 

損傷して機能が低下した肌も、
ターンオーバーによって新しい肌へと置き換えられることにより、
正常な機能を発揮できるようになります。

 

ターンオーバーが低下すると、
機能が低下した肌は様々なトラブルを引き起こすこととなります。

 

その1つがニキビです。

 

ターンオーバーが低下することにより、
古い角質が肌に残ったままになりやすくなります。
古い角質は毛穴をつまらせ、ニキビができる原因になります。

 

またターンオーバーが低下した肌は、免疫力も低下します。
免疫力が低下すると、
ニキビの原因となるアクネ菌が増殖するのを許すことになります。

 

ビタミンAは肌が正常なターンオーバーを繰り返すために必須の栄養素です。
ニキビ対策として考えても、積極的に摂取する必要があります。

 

 

ビタミンAには2種類ある

 

ビタミンAにはレバーやうなぎ、チーズ、卵など、
動物性食品に多く含まれるレチノールと、ニンジンやほうれん草、
春菊など緑黄色野菜に含まれるカロチンの2種類があります。
このうちカロチンには、抗酸化作用もあります。

 

体内や空気中に存在する活性酸素は、ニキビの大きな原因です。

 

活性酸素は脂質を過酸化脂質へと変化させる作用があります。
この作用により毛穴につまった皮脂が過酸化脂質に変化すると、
アクネ菌の格好の栄養素となり、アクネ菌の増殖を許します。

 

また肌細胞の中に存在する脂質が活性酸素により過酸化脂質に変化させられると、
肌細胞の機能が低下します。
するとニキビを初めとして様々な肌トラブルを起こす原因となります。

 

カロチンは抗酸化作用により、活性酸素を中和し、無毒化します。
この働きがありますから、
ビタミンAは緑黄色野菜によって摂取することがより効果的です。

 

 

レチノールは取り過ぎに注意

 

カロチンは、体内で必要に応じてビタミンAに変化します。
ですから摂り過ぎの心配はありません。

 

それに対してレチノールは摂り過ぎの危険があります。

 

ですから特にサプリメントなどでビタミンAを摂取しようとする場合には、

レチノールよりカロチンを選ぶようにするのがおすすめです。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品