口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

コーヒーやカレー(スパイス系)などの刺激がある食べ物は避ける

コーヒーや、カレーなどスパイスがたくさん含まれた食べ物は、
皮脂腺を刺激することによりニキビができやすくなるといわれています。
また炎症を悪化させる可能性もありますので、ニキビの時は避けたほうが無難です。

 

 

コーヒーやカレーは皮脂腺を刺激する

 

カレーを食べると汗が出てくるという経験をしたことは、ほとんどの人があると思います。
これはカレーに含まれるスパイスが皮脂腺を刺激することにより、
皮脂が分泌されたことを意味します。

 

コーヒーに含まれるカフェインも同様に、皮脂腺を刺激する性質があります。

 

ニキビは皮脂が過剰に分泌されることにより発生しますので、
カレーやスパイスはニキビの原因になる可能性があります。

 

 

炎症を悪化させることもあるので注意

 

さらにコーヒーやカレーは、炎症を悪化させる可能性もあります。

 

ニキビは毛穴に皮脂がつまることにより、繁殖した細菌が炎症を起こしたものです。
炎症が悪化するとニキビは治りにくくなりますから、
ニキビの時にはコーヒーやカレーなどは避けたほうが無難です。

 

 

刺激物は胃腸の負担になる

 

コーヒーやカレーなどの刺激物を取るとニキビができやすくなるというのは、
別の側面もあります。

 

刺激物は、どうしても胃腸に負担をかけることになります。

 

胃腸の負担が大きくなると、肌のターンオーバーが低下することにより、
毒素が排出されにくくなったり、細菌に対する抵抗力が弱まったり、
ビタミンが欠乏するなどのことが起こります。

 

それにより、ニキビが発生・悪化しやすくなる可能性があります。

 

 

ストレスになるようなら無理はしない

 

ただしコーヒーやカレーがニキビに悪いといっても、
これらがとても好きな人が無理してガマンしストレスになってしまうようだと、
逆にニキビを増やすことになる可能性もあります。

 

ストレスはニキビの大きな原因となります。
ストレスがかかると、体内のホルモンバランスが乱れます。
ホルモンバランスの乱れは皮脂の過剰分泌を促すことがあり、
これがニキビの原因になります。

 

ですからコーヒーやカレーは、あくまで飲み過ぎない、食べ過ぎないことが大切で、
好きな人が適度な分量を飲んだり食べたりする分には大きな問題はありません。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品