口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ビタミンCは酸化しやすいので皮膚に直接塗るのが効果的

ビタミンCは不安定で、酸化しやすいのが特徴です。
ニキビ対策に使うなら、肌に直接塗るのが効果的です。

 

 

ビタミンCは酸化しやすい

 

ビタミンCは不安定な栄養素です。
水に溶けやすく、また熱にも弱いことはよく知られています。

 

酸化しやすいのもビタミンCの特徴で、
ですからもともと化粧品への配合も困難でした。

 

ところが現在ではビタミンC誘導体(アスコルビン酸)の登場により、
ビタミンCを酸化を抑え、
肌へ効果的に浸透させることができるようになっています。

 

 

内服すると肌に対する効果は薄くなる

 

ビタミンCは食べ物やドリンクなどにより内服して取り込むことも、もちろん有効です。
特に野菜や果物などビタミンCを豊富に含む食べ物は、
肌のためにも積極的に摂取する必要があります。

 

ただニキビ対策として考えた場合、
ビタミンCを内服すると、効果が薄くなってしまうところがあります。

 

ビタミンCは体の各所で必要とされる栄養素です。
ですから内服されたビタミンCは、全身で取り合いともいえる状態となります。

 

ビタミンCが全身で取り合いされた場合、
まず優先順位が高いのは血管、そして脳、次に内蔵です。

 

これらの部位は生存に直結するため、
内服されたビタミンCがまず使われることになります。

 

それに対して肌は、生存には直結しないと判断されます。
そのため内服したビタミンCの分配は後に回されることになり、
どうしても効果が薄くなります。

 

ニキビ対策に効果的にビタミンCを使おうと思うのなら、
内服より肌に直接塗るのがおすすめです。

 

ビタミンCが配合された美容液をピンポイントでニキビ部分に送ることにより、
ニキビを効果的に治すことが可能です。

 

 

ビタミンC美容液は浸透力の高いものを

 

ビタミンCはビタミンC誘導体の登場により酸化を防ぎ、
安定的に肌に浸透できるようになりましたが、
とはいっても肌への浸透性は製品によって大きな差があります。

 

ビタミンCがニキビ対策に効果を発揮するためには、
肌の奥、真皮まで到達する必要があります。

 

ビタミンC美容液は、
真皮まで到達できる高い浸透性をもつ製品を選ぶ必要があります。

 

 

ビタミンCを使用するには保湿に気を付けて

 

ビタミンCはニキビ対策に大きな効果がありますが、1つだけ欠点があります。
それは、肌を乾燥させてしまう作用があることです。

 

ですからビタミンC美容液を使用してニキビ対策を行うには、

同時に保湿に気を付けることが非常に大切です。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品