口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

チョコレートやナッツ類などはニキビの原因になるの?

以前はチョコレートやナッツ類はニキビの原因になるといわれてきました。
現在では、専門家のあいだでは、
特定の食品がニキビの原因になることはないと考えられています。

 

ただニキビは肌のターンオーバーが低下すると発生・悪化しやすくなりますから、
規則正しくバランスの良い食生活を心がけることは大切です。

 

 

チョコレートやナッツはニキビの原因にならないという実験結果もある

 

チョコレートやナッツがニキビの原因になると考えられていたのは、
これらが脂質を多く含むからです。

 

ニキビは皮脂が毛穴につまることにより発生します。
以前は皮脂の分泌は、摂取した脂質の量と関係があると考えられてきました。

 

そこでペンシルバニア大学など複数の研究機関が、
チョコレートをたくさん食べるとニキビができるかどうかの実験を行いました。

 

その結果、チョコレートをたくさん食べることとニキビが発生することとは、
直接の関係はないという結果が出ています。

 

アメリカ食品医薬局(FDA)でも、
「特定の食品がニキビの原因となるということは科学的には考えられない」
という見解を示しています。

 

ただし一般的にはそうであっても、人の肌は様々です。
もし自分の経験で
「チョコレーやナッツを食べるとニキビができやすい」
ということがある場合には、それらは控えるようにしたほうがいいでしょう。

 

 

規則正しくバランスの良い食生活は大切

 

特定の食品がニキビの原因になることはなくても、
規則正しくバランスの良い食生活は、ニキビケアにはとても大切です。

 

ニキビは肌のターンオーバーが低下すると、発生・悪化しやすくなります。

 

ターンオーバーが低下した肌は、古い角質が残ったままになりやすくなります。
古い角質は毛穴をつまらせる原因になります。

 

またターンオーバーが低下すると、肌の免疫力が低下します。
免疫力が低下した肌は、ニキビの炎症が起きやすく、また治りにくくなります。

 

ターンオーバーを正常に保つためには、
ビタミンやミネラルなどの栄養素が必要です。

 

これらの栄養が足りず、甘いモノばかりを食べているという場合、
ニキビは発生・悪化しやすくなります。

 

また便秘になると、ニキビができやすくなります。
チョコレートやナッツは便秘の原因となりますので、
これらを取り過ぎず、また食物繊維をきちんと取るようにするのは大切です。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品