口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

色素沈着を改善してくれるクリームってあるの?

沈着した色素を改善するには、
ニキビに限らずまず第一にハイドロキノンがおすすめです。

 

またビタミンCも美白効果があります。
ただハイドロキノンをニキビ対策で使用する場合は、
肌を乾燥させないように、
しっかりと保湿力のある化粧水と一緒に使うことが大切です。

 

 

色素沈着を改善するならまずはハイドロキノン

 

沈着した色素を取り除き、
解消するために最も効果があるのはハイドロキノンです。

 

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」の異名もあり、
色素沈着に大きな効果を発揮します。

 

多くの美白化粧品に配合されているコウジ酸やアルブチンなどと比べ、
ハイドロキノンは数十倍もの効果があるといわれています。

 

現在のところ、ハイドロキノン以上に強力な美白効果を保つ成分は、
存在しないといわれています。

 

 

ビタミンCも色素沈着に効果を発揮

 

ビタミンCも美白効果では有名です。

 

ビタミンCは、まず色素の沈着を予防する効果があります。
ですからニキビができたら、
色素が沈着する前からビタミンC配合美容液を使用するのがおすすめです。

 

ビタミンCが沈着した色素を漂白する効果は、
ハイドロキノンに比べて低いのは事実です。

 

ただビタミンCには肌の代謝を促進する作用があり、
それによって沈着した色素を排出させる効果があります。

 

 

ハイドロキノンをニキビ対策に使う際は保湿力の高い化粧水と一緒に使うこと

 

ハイドロキノンは肌の状態によっては肌を乾燥させることがあります。
肌の乾燥はニキビにとっては大敵となりますので、
ハイドロキノンをニキビ対策に使う場合は、
しっかりと保湿力のある化粧水と一緒に使う必要があります。

 

化粧水の保湿成分として効果が高いのは、モンモリロナイトです。
超微粒子であるモンモリロナイトは肌の表面を極薄の皮膜で覆い、
肌から水分が蒸発するのを防ぐ効果があります。

 

 

ハイドロキノンもビタミンCも浸透力の高い製品を

 

ただハイドロキノンもビタミンCも水溶性のため、
そのままでは脂質に守られた肌を通りぬけ、
沈着した色素まで到達することができません。

 

ですからハイドロキノンやビタミンCが配合されたクリームを選ぶ際には、
浸透力の高さに配慮する必要があります。

 

一般の美白化粧品で思ったような効果が得られないのは、

浸透力の低さが大きな原因となっています。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品