口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

乾燥肌対策には化粧水の重ねづけがおすすめ

ニキビケアには肌の乾燥を避けることが最も重要です。
乾燥肌対策には化粧水の重ねづけや、化粧水を使用したパックがおすすめです。

 

ニキビケアには肌の乾燥を避けることが最も重要

 

ニキビケアに最も重要なのは、肌の乾燥を避けることです。
肌が乾燥すると、肌は低下したバリア機能を回復させるために、
皮脂を過剰に分泌するようになります。

これが大人になってからニキビができる大きな原因となっています。

 

乾燥肌対策には、まず保湿力の高い化粧水を使うことがポイントです。
一般のニキビケア用化粧水の中には、皮脂の抑制に重点がおかれ、
保湿力が低いものもありますので注意が必要です。

 

また油分が配合された化粧水は、ニキビを刺激し、悪化させることがありますから、
ノンオイルの化粧水を選ぶようにしましょう。

 

 

乾燥肌対策には化粧水の重ねづけが有効

 

化粧水は、洗顔後にすぐ行なうようにします。
洗顔は肌を乾燥させることになりやすいので、
そのままにしておくと皮脂が過剰分泌されやすくなります。

 

化粧水による保湿では、たっぷりと時間をかけるようにします。
化粧水を肌にきちんと浸透させることが大切です。

 

さらに乾燥しやすい肌タイプの人や冬など乾燥しやすい季節には、
化粧水を重ねづけすることもおすすめです。
化粧水の使用量は、肌のことだけを考えれば多すぎて悪いということはありません。

 

 

週に2回は化粧水を使ったパックを

 

毎日のお手入れの他に、週に2回程度、
化粧水を使ったパックをするのもニキビケアには効果があります。
パックには、専用のシートマスクか大きめのコットンを使用します。

 

化粧水をたっぷりと含ませて肌におきます。
さらにその上からラップをすると、より効果的です。

 

パックする時間は3分ほどで十分です。
それ以上長い時間パックすると、シートやコットンが乾燥し、
かえって肌の水分を吸い取ってしまうことになります。

 

 

コラーゲンやヒアルロン酸などで保水力を高めるのも有効

 

保湿のために化粧水で肌に水分を補うのは、ニキビケアの基本となります。
さらに化粧水をつけたあと、
コラーゲンやヒアルロン酸が配合された美容液を使用するのは、
ニキビケアにはより効果があります。

 

コラーゲンやヒアルロン酸は、肌が水分を保持する力、「保水力」を高めます。
コラーゲンやヒアルロン酸が配合された美容液を、
週2回の化粧水パックの後につけるようにするのはおすすめです。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品