口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

硫黄が入っているニキビ用の化粧水には注意が必要

ニキビケア用の化粧水や治療薬には、
成分として硫黄が配合されているものが少なくありません。

 

ただ硫黄は肌を強力に乾燥させる性質があるため、
肌に合わない場合にはかえってニキビを悪化させることがありますので、
注意が必要です。

 

 

硫黄がニキビを治す仕組み

 

硫黄がニキビ用の化粧水に使われるのは、
まず硫黄がニキビ原因菌であるアクネ菌を殺菌する作用があるからです。

 

次に硫黄は、角質をやわらかくする作用があり、
それによって毛穴のつまりをふせぎます。
さらに硫黄は皮脂を抑制し、乾燥させます。

 

ただ硫黄のこれらの作用は、思春期のニキビには有効ですが、
大人になってからのニキビケアには必ずしも有効とはいえません。

 

 

大人ニキビの原因は「皮脂」より「乾燥」

 

ニキビの原因として、多くの人が「皮脂が過剰に分泌されること」だと考えています。
たしかに思春期のニキビは成長にともなうホルモンバランスの乱れにより、
皮脂が過剰分泌されることによって発生します。

 

ところが大人になってからのニキビは事情が違います。
大人になってからのニキビは皮脂よりもむしろ「乾燥」が原因です。

 

洗顔料の選択や洗顔方法の誤り、
エアコンの使いすぎなどの理由により肌が乾燥すると、
肌は乾燥により低下したバリア機能を回復させるため、
皮脂を過剰に分泌させるようになります。

 

ですから大人になってからのニキビケアは、
第一に「乾燥を避けること」を考えることが必要です。

 

 

硫黄は肌を乾燥させるので大人ニキビのケアには必ずしも向いていない

 

硫黄には肌を乾燥させる作用があります。
これは単純に皮脂の過剰分泌が原因となる思春期ニキビには有効ですが、
大人ニキビのケアに使うと、かえってニキビを悪化させることがあります。

 

ですから硫黄が配合されたニキビ用化粧水を使うのは、
大人ニキビに対しては慎重でなければなりません。

 

また使用する際にも、以下のような注意が必要です。

 

1. 使い始めるにあたり、まず顔のごく一部分に使用してみて、

  肌が乾燥してしまわないかどうか確認する。
2. 硫黄を配合した化粧水をつける前に、まず保湿効果の高い化粧水をつける。
3. 顔の全面につけず、ニキビ部分のみに使う。
4. ニキビが治ったらすぐに使用をやめる。

 

硫黄はたしかにアクネ菌を殺菌し、角質をやわらかくすることには効果があります。
使う場合は欠点を知った上で上手に使うことが大切です。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品