口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ニキビ跡の色素沈着にはビタミンC美容液とハイドロキノン化粧品を

ニキビ跡の色素沈着を予防・解消するには、
ビタミンC美容液とハイドロキノン化粧品が効果的です。

 

ビタミンCは色素沈着を予防し、
また肌のターンオーバーを高めることによって、
沈着した色素を排出させる効果があります。
ハイドロキノンは沈着した色素を強力に漂白する作用があります。

 

 

ニキビが悪化すると色素が沈着する

 

ニキビの炎症が悪化すると、
ニキビの周辺にメラニン色素が沈着するようになります。

 

色素沈着は、肌のニキビに対する防御作用です。
メラニン色素には免疫力を高める作用があり、
これによってニキビ周辺の肌組織を守ります。

 

ですから悪化したニキビは、治った後にも沈着した色素を残すことになります。
色素は本来ならば肌のターンオーバーにより自然に排出されます。
ただニキビが治ったばかりの頃は、ニキビの炎症により肌が疲れています。
そのためターンオーバーが低下して、色素が残ったままになりやすくなります。

 

 

ビタミンCの色素沈着に対する効果

 

ビタミンCの色素沈着に対する効果は、まず「予防」です。
ビタミンCは色素細胞メラノサイトがメラニン色素を生成することを抑えます。

 

ですからニキビになったらビタミンC美容液を使用することで、
色素が沈着するのを予防することができます。

 

またビタミンCには肌のターンオーバーを高める作用があります。
ですから色素沈着が起きてしまった場合には、
色素を速やかに排出するのを促進する効果があります。

 

 

沈着した色素を解消するのはハイドロキノン

 

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれる成分です。
メラニン色素を単色化することについては、
現在これ以上強力な成分はないといわれています。

 

以前より医師がアザなどの治療をするのにハイドロキノンが使われてきました。
最近になりハイドロキノンの安定性を高めることが可能となり、
化粧品にも配合されるようになっています。

 

ニキビ跡の色素沈着ができてしまったら、
ハイドロキノン化粧品を使用するのがおすすめです。
使い始めておおむね1ヶ月程度で、効果を実感するといわれています。

 

 

ビタミンCとハイドロキノンは浸透力が重要

 

ビタミンCもハイドロキノンも水溶性の成分です。
ですからそのままでは脂質に守られた肌の表面を通り抜けることはできません。

 

ビタミンCとハイドロキノンの効果をきちんと発揮するには、
肌への浸透力を高めた製品を選ぶ必要があります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品