口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ビタミンC配合美容液は大人ニキビが気になる人の強い味方

ビタミンCは、ニキビに対して万能ともいえる効果を発揮します。
大人ニキビが気になる人は、
ビタミンCを配合した美容液でケアするのがおすすめです。

 

 

ビタミンCのニキビケア効果

 

ビタミンCはニキビケアに様々な効果があります。

 

過剰な皮脂の分泌を抑える

 

ニキビの大きな原因の1つが皮脂の過剰分泌です。
ビタミンCはこれを抑えることにより、ニキビの発生・悪化をふせぎます。

 

ニキビ菌の増殖を抑える

 

ビタミンCには免疫力を高める作用があります。
これにより、毛穴内部でニキビ菌が増殖するのを抑えます。

 

抗酸化作用

 

活性酸素は肌に害をおよぼし、
ニキビを初めとする様々な肌トラブルの原因になります。

 

ビタミンCは活性酸素を中和する作用があります。
また毛穴につまった皮脂は、
活性酸素で酸化されることによりアクネ菌が取り込みやすい過酸化脂質となり、
アクネ菌の増殖のきっかけとなります。

 

ビタミンCは皮脂が過酸化脂質へ変化するのを抑制します。

 

美白作用

 

ビタミンCはニキビの炎症により色素が沈着するのを予防します。
また沈着した色素を取り除く効果もあります。

 

コラーゲンの生成促進

 

ビタミンCは、肌の弾力を保つ成分であるコラーゲンの生成を促します。
凹んでしまったクレーター状のニキビ跡に使用することで、
クレーター下部の肌の弾力を増して肌を盛り上げ、
凹みを目立たなくする効果があります。

 

 

ビタミンC美容液は浸透力と濃度が重要

 

ビタミンCはニキビに対して様々な働きをもちますが、
ただ肌に塗っても効果を発揮できません。

 

まずビタミンCは水溶性のため、
脂質で守られた肌の内部に浸透していくことができないからです。
さらにビタミンCは不安定で、酸化に弱い性質があります。

 

現在ビタミンCの浸透力を高め、
安定性を増した誘導体ビタミンCが開発され、
美容液に配合されるようになっています。

 

ただニキビが発生するのは肌の奥深いところ、真皮です。
真皮までビタミンCをきちんと届けることができる美容液でなければ、
ビタミンCは効果を発揮することができません。

 

さらにビタミンC美容液を選ぶ際には、ビタミンCの濃度も重要です。
2%や3%ではなく、化粧品として配合できる、
8%ギリギリのビタミンCが配合される美容液を選ぶのがおすすめです。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品